ブログテーマを更新視しました。

顎関節症

開口障害(口が開かない)・顎関節症の治療にも鍼灸が効果的

開口障害とは、「口が開かない」を主訴とし、それ以外に口を開けると痛い、口を開けると関節でクリック音(カックン、コツコツ、プチプチ、ジャリジャリ)がする、といった症状を有するものをいいます。安静時には痛みが少なく、顎の運動時に顎関節部に疼痛が発生することから顎関節症として扱われます。 今回は、この開口障害と鍼灸による治療について紹介します。