鍼灸適応症

2/3ページ

開口障害(口が開かない)・顎関節症の治療にも鍼灸が効果的

開口障害とは、「口が開かない」を主訴とし、それ以外に口を開けると痛い、口を開けると関節でクリック音(カックン、コツコツ、プチプチ、ジャリジャリ)がする、といった症状を有するものをいいます。安静時には痛みが少なく、顎の運動時に顎関節部に疼痛が発生することから顎関節症として扱われます。 今回は、この開口障害と鍼灸による治療について紹介します。

  • 2016.12.10

花粉症、鼻水、鼻づまりなど鼻症状は【鼻通】に鍼!

風邪をひいたのか、猛烈に鼻が痒くなり、たまらずにパイオネックス(販売名:パッチ鍼)を貼付 鼻の脇を押して、凹むところが鼻通(びつう)というツボです。 血流改善して、炎症物質をウォッシュアウトするので、痛み、痒み、腫れの緩和が期待できます。 また、鍼刺激が交感神経を刺激すれば、鼻粘膜の過度な拡張が緩和されて鼻通りが良くなります。 花粉症、鼻水、鼻づまり、鼻の痒み、鼻の痛みなど鼻症状全般に効果的なツボ […]

  • 2016.08.22

〝刺さない鍼〟で関節の可動域が改善する!

先日、トレーナーなどスポーツ関係者が多く出席した某結婚記念パーティーに、ワタクシ原口もお祝いに伺いました。 新郎のご意向で、何故だかセミナー的な色合いになり、しかも新郎が司会を務めるという、結婚記念パーティーとはなんなのか? 固定観念をぶち壊す楽しい夜でした。 そんな結婚記念パーティにて、刺さない鍼=接触鍼を用い、関節可動域(以下、ROM)の低下を改善し、「鍼は筋緊張を和らげる」ことをデモンストレ […]

【薄毛・鍼灸】おでこハゲ&てっぺんハゲのタイプ別の対策6と東洋医学的解釈について

男性にとって関心が高い話題のひとつ、薄毛。   この薄毛は「てっぺんハゲ」と「おでこハゲ」とにわかれます。それぞれ薄毛の原因が異なり、先天的要因と後天的要因とに分かれるのです。   今回は薄毛の原因とその対処法について西洋医学的なお話と、東洋医学的なお話を交えてご紹介します。

足指の骨折後の違和感が鍼灸で改善した事例

足指を強打して実は骨折したのに気付かず、1ヶ月経っても痛みが引かなかったというとある患者さん。   そこでようやく整形外科を受診したら 「骨折してますね。でも1ヶ月うごきまわっているから、変な形にくっつきかけていますね」 と言われてしまった!   とのことでした。     こういうケース、案外あります。   「まさか骨折してるとは思わなかった」と。 […]

EDも鍼灸で対応できる-解説-

ED(Electle Dysfunction)の日本語訳は勃起不全、つまり男性の性機能障害。   朝立ちしない、中折れなど男性特有の悩みともなりますが、男性不妊の一因にもなります   かつてはインポと言われていましたが、侮蔑的意味合いを含んでいるととられる場合もあるので、EDとか勃起不全といった呼び方のほうが一般的になりつつあるようです。   心因性由来なら20代の方 […]

心因性の膀胱炎にも鍼灸が効果的!

膀胱炎になったら、頻繁にトイレに行きたくなったり、排尿時の不快感・痛みや残尿感など感じます。   私も一度だけ、ものすごーく、限界ギリギリまでトイレに行くのを我慢したことがキッカケで、膀胱が圧迫されたのがよくなかったのか、膀胱炎みたいになったことがあります。   金輪際、経験しなくていいですね。   緊張したらトイレに行きたくなる、というのは誰しも経験があるとは思いま […]

切迫早産のリスクがお灸で下がる!って知ってますか?

安定期に入ってからも、まだまだ安心はできません妊娠後期に起きるトラブルとして、切迫早産があります。 前半、切迫早産とはなんなのかについて紹介します。 後半は灸治療を受けることで切迫早産のリスクが下がるという論文について紹介します。 #記事のシェア歓迎

つわりの軽減だけじゃない!妊娠中の頭痛・風邪・便秘、あらゆるマイナートラブルが鍼灸で対処できる

今回の記事で言いたいことは、タイトルの通り。 妊娠中に発生する様々な体のトラブルの大半が鍼灸で安全に解消できる! ということを、皆さんに知っていただきたいと思います。 先日、たまたま同じ日に、妊娠後期の妊婦さん2人が新患として来院しました。二人とも、妊娠して以来、数ヶ月ぶりのボディケアでした。