6/7ページ

【妊活】体が陰性・酸性に傾くと不妊体質になる?【血液力】

私たちが健康でいるためには血液や体液が弱アルカリ性(PH7.4)の状態が望ましいと言われます。   東洋医学では万病一元論(全ての病は一つの原因から生じる)、すなわち瘀血(おけつ、汚れた血液)が万病の元である、と考えます。   女性の瘀血状態は別記事で紹介した通り、生理の色や匂いで推測がつきます。   若杉ばあちゃんの記事で千坂先生の話についてちらっと紹介しましたか、 […]

赤ちゃんの抱っこで腕・肘が痛くなったときにケアする場所はココ!

産後ケアにも鍼灸は有効ですが、乳児をお抱えのママさん・パパさんたちの登竜門として「赤ちゃんの抱っこで腱鞘炎になる」場合がありますが、そこまではいかないけど肘や、肘の下付近の腕が痛む方は多いです。   どのあたりが治療点になるか記事を書きます。   セルフケアの介入ポイントとしても使えるので、参考にしてください。 #記事のシェア歓迎

  • 2015.11.08

あなたの生理はどんな色? 血液の色で妊娠力をチェック!

あなたの生理の色は、何色でしょうか? 赤色? 暗赤色? 黒っぽい茶色?   また、粘性はどうでしょう? サラサラ? ネバネバ? レバー状の塊?   量はどうでしょうか? 20代前半のときと比べて、 多い? 少ない? 同じくらい? これらはなかなか他人とは比較しづらいもの。 今回は生理の色についてお話しします。

NO IMAGE
  • 2015.10.28

乳がんの原因になる? リスクを高める9つの要因

エストロゲンの体に及ぼす働きは多岐に渡りますが、その中の一つに細胞増殖作用があります。   この細胞増殖因子により子宮内膜が厚くなって妊娠の準備が整ったり、女性らしい体つきになったりしますが、過剰になるどう乳がんの発症に関係したり、他の部位に不要な影響を及ぼします。   それらのキーワードは「エストロゲン過剰」です。   エストロゲン濃度が高い状態が続くと要注意。発が […]

赤ちゃんは、あなたが食べたものでできている

妊婦に対する興味深いキャンペーンポスターがあるので紹介しましょう。   不健康な食事への意識を高めるよう、ブラジル、リオグランデ(SPRS)の小児学会が作ったものだとか。   ボディペイントで母親の胸にジャンクフードが描かれ、乳児が吸い付いているのが印象的。   母親の胸元にはyour child is what you eat.と描かれており「あなたの子どもはあなた […]

  • 2015.08.31

【不妊症・妊活】布ナプキンはオーガニックコットン製を使うべし

皆さんは、「経皮毒」ということばはご存知でしょうか? 皮膚へ何かを塗布したり・接触したりしたりということは常日頃、頻繁にありますね。その際になんらかの成分、ときには体にとって有害な成分が皮膚を通して体内へ吸収されます。そして、その経皮吸収の割合が、皮膚の部位によって異なるんですよ。 今回は女性にはたいへん馴染み深い生理用ナプキンと女性のからだについて取り上げます。

  • 2015.08.24
  • ,

刺さない鍼「接触鍼」について紹介【動画】

鍼(ハリ)治療で一般的に使われる刺す鍼のことを毫鍼(ゴウシン)といいますが、この毫鍼を皮膚に接触させて刺激を入れる方法を「接触鍼(セッショクシン)」といいます。   今回は、刺さない鍼「接触鍼」について紹介します。

1 6 7