鍼灸治療によって、がん化学療法に伴う末梢神経障害が緩和したことが新聞に取り上げられる

金大附属病院漢方医学臨床教授の小川恵子氏が、「接触鍼法」によって抗がん剤治療の副作用である手足のしびれ(末梢神経障害)を緩和するのに効果があることを確かめました。

接触鍼法とは

通常の鍼治療では筋肉の中に鍼を入れますが、「接触鍼法」では皮膚表面に触れさせるだけの非常に弱い刺激で、患者さんにとって効果のあるツボを刺激していきます。この「接触鍼法」は、乳幼児、記事で取り上げられた癌の患者さんのような身体が虚弱な方、鍼を刺されることに対して恐怖心をお持ちの方などに向いている手法です。

抗がん剤治療の副作用は様々

「がん=痛い」というイメージを持たれる方がいますが、骨膜転移などを除いて、がんが進行しても気づかないことが多いです。抗がん剤治療は患者さんの白血球の数値を見つつ、おこなったり休んだりしています。たとえば肺がんの方は、治療お休みの時期だと肩こりとか胸がかゆいとか訴えますが、抗がん剤治療を行っている時期だと「全身痛い」と訴え始めます。このように、がんの副作用を緩和して抗がん剤治療を継続する目的、あるいは白血球の数値を高める目的で治療院へ来院する方がたまにいます。

鍼灸治療による疼痛緩和効果は数多く報告されていますが、「刺さない鍼」によっても効果があるのであれば、患者さん側としてもより安心して治療を受けられるのではないでしょうか。

今後は血流測定機器を導入して、末梢神経障害に対する鍼灸治療の有効性を客観的に立証し、更なる研究を進めていきたいと思っております。

とのこと。

鍼灸の有効性を立証してくださることは大変ありがたい♪

《無料メルマガも書いています》

ブログを読んで興味をもってくださった方は良かったら情報を受け取ってください。

《ブログの感想・質問はLINE@からも受け付けています》

お気軽にメッセージをどうぞ。
友だち追加

 

最後まで貴重な時間を使って読んでくれてありがとうございます。