過去記事を検索
スポンサーリンク

軽度肉離れが疑がわれる男性のふくらはぎの痛みの治療をしました【出張】

ジムのトレッドミルで走っていたらふくらはぎに痛みが出たものの筋肉痛だと思い、後日ジムで走ったら強い痛みが出てしまった。そんな男性が患者さんとなった出張施術日記です。

治療までのエピソード

治療の5日前

トレッドミルで走っている最中に左ふくらはぎに痛みが出た。

ジム通いを始め3回目のこと。

痛みが出た当日から3日後まで

痛みで左足を引きずる。

歩行困難。

治療当日

足首を屈曲・伸展させると違和感あり。

歩くときはふくらはぎの張りが強く歩きづらい。

階段を降りるとき・しゃがむときは痛む。

陥凹、内出血、熱感なし。左腓腹筋内側頭全体に圧痛あり。

肉離れとは

急激な筋収縮が引き金となって起こる筋繊維や筋膜の部分損傷をいいます。スポーツ障害の一種。

この患者さんは軽度(I度)の肉離れの可能性があると考えました。

治療

全身治療ですが、内容は足のみ抜粋。

  1. うつ伏せ…最も圧痛がある部分(痛めたと思われる部分)を避け、圧痛はないが硬くなっている腓腹筋へ鍼。
  2. 仰向け…足の前側(前脛骨筋や後脛骨筋)にも鍼。
  3. うつ伏せ…腓腹筋の圧痛が緩和していることを確認して、患部と硬さが残っているその周辺の腓腹筋へ再び鍼。

術後

室内を痛みなく歩けるようになる。

しゃがむとふくらはぎに張り感が残るが、痛みがなくなる。

生活指導

治療の2日後にジムに行くとのことで、以下のように指導。

  • ジョギングはお休み。
  • ウォーキングは様子を見ながら実施、違和感が出たらすぐに中止。
  • エアロバイクや上半身の筋トレ推奨。

軽度の肉離れならば、3週間ほど走ったりすると痛みが出やすいので、慎重にトレーニングの負荷をかけていきましょう。

point 違和感が出たところでトレーニングを中止しましょう。

 

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《質問・感想も無料受付中》

あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)
読むだけで心も体も元気になる情報を不定期配信中。サロンの情報・限定情報・最新情報を受け取りたい方はぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
《LINE@登録はこちらから》
おもに体のこと、健康ネタについて配信しています。体が整えば好きなことがやれるし、心も安定するのだ!
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク