過去記事を検索
スポンサーリンク

同じ薬でも、体質によって薬効が異なりーー季節や男女によっても異なるのが薬です。

こんなもの数千回書いたところで、なんの役にも立ちません。同じ薬でも、体質によって薬効が異なりーー季節や男女によっても異なるのが薬です。病名と処方を書き連ねて何になります?

場面

「他のものが医員になるのに10年かかるのなら、自分は5年でなってみせる」

そう意気込むホ・ジュン。

医院での下働きである水汲みや掃除をしているだけでは医院としての直接的な勉強ができない。ホ・ジュンは院で処方される薬剤を知るために診療簿を転記して仕事の合間に読みます。さながら二宮金次郎ですね。

診療簿の書き取りは深夜にこっそり行われるので、寝不足がたたったホ・ジュンは書き移す途中で寝てしまい、イェジンに見つかる。

上に知られればタダではおかれない。二度としないように、とキツく言い含めるイェジン。その際に、言った言葉です。

薬を「鍼灸」置き換えても同様のことが言える

同じ鍼灸でも、体質によって効果が異なりーー季節や男女によっても異なるのが鍼灸です。

こう言い換えても自然です。

人が違えば、その人に応じてテーラーメードの治療をおこなっていく必要があります。またそれができることが鍼灸の強みでもあります。また、同一人物であっても、過労状態なのか、寝不足なのか、栄養が十分に足りているのか? あるいは季節によっても変わります。

これは基本であり、常に大切なこと。初心忘れるべからず。

では、ここまでお読みいただきありがとうございます。

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《質問・感想も無料受付中》

あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)
読むだけで心も体も元気になる情報を不定期配信中。サロンの情報・限定情報・最新情報を受け取りたい方はぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
《LINE@登録はこちらから》
おもに体のこと、健康ネタについて配信しています。体が整えば好きなことがやれるし、心も安定するのだ!
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク