過去記事を検索
スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎は皮膚の異常細菌巣が引き起こす

先進国では国民病とも言えるアトピー性皮膚炎。西洋医学的には原因不明とされ、一度発症するとなかなか完治しない悩ましい症状です。

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、小児から成人によく見られる疾患です。気管支喘息や食物アレルギーに発展し得ることから、一般的にはアレルギー性の疾患であると考えられていました。

原因は?

アトピー性皮膚炎患者からダニやホコリなどハウスダストに対する抗体が検出されることから、これらが原因だとも考えられていましたが、それらを支持する強い臨床的な証拠がありませんでした。原因となるアレルゲンはこれまでに特定されず、皮膚局所の炎症が起こる原因は現在まで解明されていません。

アトピー患者の皮膚でとある細菌が異常繁殖している?

人の体は、目に見えずとも常に無数の細菌(常在菌)に取り囲まれています。それらは悪さをする反面、多数で存在することにより進入した病原性微生物の繁殖を抑制するなど、有用な面もあります。このように常在菌は人との共生関係を築いています。しかしアトピー性皮膚炎患者の皮膚には「黄色ブドウ球菌が異常繁殖し、本来多様性を見せるはずの皮膚細菌巣を覆い尽くす」という現象が見られることが判ったのです。

黄色ブドウ球菌とは

黄色ブドウ球菌とは人の皮膚や消化器官などに存在する常在菌。感染症や食中毒などを引き起こす起因菌という一面もあり、腸内では代表的な悪玉菌です。

黄色ブドウ球菌と皮膚炎の関係の解明により、新たな治療戦略に期待される

慶應義塾大学医学部皮膚科学教室と米国National Institutes of Healthの永尾圭介博士(元慶應義塾大学医学部専任講師)との研究グループが、科学雑誌「Immunity」電子版にて発表した研究によると、

アトピー性皮膚炎における皮膚炎が黄色ブドウ球菌などの異常細菌巣によって引き起こされることを、マウスを用いて解明したそうです。

マウスに離乳直後から異常細菌巣に効く抗生物質で持続的な抗菌治療を行ったところ、正常な皮膚細菌巣を保ち、アトピーを発症しませんでした。

さらに研究を進め、抗菌治療を行わずアトピーを発症させたマウスと、抗菌治療を行い10週目で治療を中止したマウスを用意し、経過を観察しました。

するとアトピーを発症させたほうのマウスは抗菌治療により皮膚細菌巣が正常化し、皮膚炎もほぼ完治しました。
それに対し抗菌治療を途中で中止したマウスは、正常だった細菌巣がとたんに多様性を失いました。

そして細菌巣は黄色ブドウ球菌とコリネバクテリウム属に分類される細菌2種類に置き換わるという極端な偏りを見せ、激しい皮膚炎を発症してしまったのです。

この結果により、皮膚の細菌の分布がアトピー性皮膚炎に深い関係を持っていることが証明されました。

これはアトピー性皮膚炎の理解を大きく前進させるばかりではなく、現在ステロイド剤で炎症抑制に頼っているアトピー性皮膚炎の治療法を大きく変える可能性があり、異常細菌巣を正常化させ、皮膚の炎症を沈静化させるための新しい治療戦略の開発を促す重要な基盤となることが期待されます。

2015年4月22日、慶應義塾大学医学部より。

どんどん研究が進んで、より効果的な治療法が見つかってほしいものです。

鍼灸で免疫力アップ

鍼灸でもアトピーの治療をおこないます。腸管免疫がアレルギーと関与することが明らかにされてきました。鍼灸によって自律神経を調整したり、便秘や下痢を改善したりすることで長官免疫の働きが正常化することが期待されます。鍼灸によって、本来いるべき常在菌の働きが戻ってきて、皮膚の黄色ブドウ球菌の異常増殖を抑えるのかもしれませんね。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《質問・感想も無料受付中》

あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)
読むだけで心も体も元気になる情報を不定期配信中。サロンの情報・限定情報・最新情報を受け取りたい方はぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
《LINE@登録はこちらから》
おもに体のこと、健康ネタについて配信しています。体が整えば好きなことがやれるし、心も安定するのだ!
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク