過去記事を検索
スポンサーリンク

梅干しの健康パワーを見直しましょう

治療院の患者さんに「梅を食べていますか?」と尋ねると大半の方が「食べていない」と答えます。

梅どころか、和食を食べない方が多いですが、食べなきゃもったいない!

そして子どもがほしいと考えている方にもオススメ、そんな梅のお話をします。

梅は三毒を浄化する

三毒とは、血毒、水毒、食毒のこと。

梅は体内の浄化にうってつけの日本伝統の食材です。

梅干しは、お弁当のご飯の真ん中に置いたり、おにぎりの具にしたり、昔からその腐敗を防ぐ効果が知られています。

そして、この梅干しの殺菌効果は、体内でも発揮されます。
梅干し特有の酸っぱさのもとであるクエン酸は、胃腸の中では初めは強酸性。
酸性では有害な細菌を退治しやすく、食中毒を防ぎます。
そして一度腸壁から吸収されると酸性からアルカリ性へと変わり、血液中をアルカリ成分として駆け巡り、体液濃度を弱アルカリ性へと維持するのです。

また、お肉やパスタ、パン、炭酸飲料などを好む方は体液濃度が酸性に傾きやすいので注意しましょう。

食生活の改善に、まずは手軽な梅を取り入れてみませんか。

〝本物の梅干し〟の選び方

梅干しであれば何を選んでも良いわけではありません。

スーパーなどで梅を購入する際は、パッケージや原材料の表示をよく見てください。

その際、どこを見るべきか、ポイントを紹介します。

減塩、ハチミツ味、といった記載が〝ない〟

減塩すると殺菌効果が低下するため防腐剤のような食品添加物があります。

また、甘くするために人工甘味料が使われます。

塩分濃度18%以上

パッケージを見ると18という数字を見かけます。

原材料の表示が「梅、塩」だけになります。

減塩となると10くらいで表示しているはずです。

塩分の取りすぎで高血圧が気になる方

梅は一度に大量に食べるものではありません。

甘く加工されている梅の方が、ついつい2個、3個と進んでしまうかもしれません。
1日1個、塩辛い「本物の梅干し」を食べることがオススメです。

梅干しに不妊症改善効果が…?

神戸で開かれた日本卵子学会での興味深い報告

発表したのは、和歌山市の「うつのみやレディースクリニック」の宇都宮智子院長。5月17・18日に神戸市で開かれた学会で、不妊治療を行う前に性ホルモンの材料として使われるサプリメント「DHEA」と、ワノミライカが梅酢から抽出して開発したUMULINを併用することで、難治性の不妊治療に効果があったことを報告した。
〈中略〉
宇都宮院長は、効果について「DHEAとUMULINの服用で卵子の老化を抑止したことが妊娠につながった可能性がある。卵巣の老化による卵子数の減少、卵子の健康状態の低下が不妊治療の大きな障害となっている中、今回の結果は画期的。今後の治療成果に大きな期待を寄せている」としている。

梅は昔なら頻繁に食べていましたよね

サプリだけでなく梅を日頃から食べてもいいと思います。そこらへんのスーパーではいまどき、なんちゃって梅ばかり売られています。有機の梅を選んでください。

DHEAサプリを血液検査を実施せず過剰摂取し続けると副腎の廃用性萎縮を引き起こす恐れがあるので、独断での摂取は危険です。DHEAは「筋トレ、大豆(*イソフラボンの過剰摂取注意)、セ ック ス 」と、自然に分泌を高める方法があります。

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《質問・感想も無料受付中》

あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)
読むだけで心も体も元気になる情報を不定期配信中。サロンの情報・限定情報・最新情報を受け取りたい方はぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
《LINE@登録はこちらから》
おもに体のこと、健康ネタについて配信しています。体が整えば好きなことがやれるし、心も安定するのだ!
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク