過去記事を検索

妊娠中・授乳中はカフェインを摂取してはいけないのはナゼ? 妊活中の方も必見

健やかなマタニティーライフのため、赤ちゃんの健康のため、妊娠中、授乳中のカフェイン摂取は控えめにしましょう。今回は、妊婦さんと赤ちゃんとカフェインについてとりあげます。

スポンサーリンク




妊婦のカフェイン代謝

妊娠中はカフェインを分解、排泄するのに時間がかかります。
特に妊娠後期には代謝速度が1/3になり、体に長く残ることになります。

カフェインは胎盤を通過して胎児にも移行

胎児は肝臓の機能が未熟なためカフェインをうまく排泄することができません。そうして体内に高濃度のカフェインがとどまることになります。
IMG_3330-0.JPG

妊娠中のカフェイン過剰摂取による様々なリスク

カフェインの過剰摂取は未熟児(低出生体重児)のリスクが高まる

カフェインは胎盤を流れる血液の量を減少させますが、胎児の発育については関連があるという報告と、ないという報告の両方があり、いまのところは結論がでていませんが、カフェイン摂取と同時に喫煙をする習慣のある妊婦の場合は、明らかに発育の遅れがみられ、早産の傾向も認められます。

カフェイン摂取が200mgを超えると流産の確率が2倍になる

流産、死産の確率については、カフェインの摂取量が1日150mg未満の妊婦さんに比べて、300mg以上摂取する妊婦さんは流産のリスクが2倍、 コーヒー1日8杯以上で死産のリスクを高めるという報告があります。(コーヒーのカフェイン含有量:100~150mg/杯)
IMG_3386.JPG

授乳期のカフェインの過剰摂取も注意

赤ちゃんの精神を不安定にさせる

カフェインは母乳にも移行するため、授乳中に大量に摂取すると赤ちゃんイライラしたり落ち着きがなくなったりすることがあります。また乳児突然死症候群の発症率が増加することが報告されています。しかし、あくまでも大量に摂取した場合です。気になる方は、薬と同様に、コーヒーを飲んだ後のお乳は一旦絞って捨てましょう。

カフェイン中毒にも離脱症状がある

ニコチンと同様にカフェインでも中毒になります。そのようなヒトカフェインを急に摂らずにいるとカフェインに対する渇望、イライラ、頭痛、眠気、集中力低下、疲労感、不安感、抑うつ、吐き気、発汗、運動遂行能力が下がるといった離脱症状が引き起こされるのが特徴です。

飲みたいのを我慢してストレスを溜め込むのもよくありませんから「妊娠してからカフェイン摂取をやめたらよい」というよりも、妊活中から無理のない範囲で徐々にノンカフェイン飲料に切り替えていきましょう。、

カフェイン少な目、ノンカフェインのオススメ飲料

やっぱりコーヒーを飲みたい

IMG_7219

中身はごく普通の顆粒

オーガニック&カフェインレス&美味しいと評判が良いコーヒーとして、マウンハーゲンオーガニックのコーヒーがオススメです。私も以前はコーヒーを水代わりに飲んでいる時期がありましたが、コーヒーをやめる途中の段階として、このコーヒーを飲むようになりました。おかげで、今はごく普通のコーヒーを1杯飲むだけで、頭痛や動機といった、カフェインによって引き起こされるよくない症状を自覚しやすくなりました。なんだか体の調子が優れないな…と思っていたら、実はカフェインのせいだった、ということもあるかもしれません。

マウント ハーゲンのオーガニック カフェンレス インスタントコーヒーは、ヨーロッパおよびアメリカで特許をとっているドイツCR3社の天然液体二酸化炭素によるカフェイン除去法により、カフェインを除去しているんだとか。

この製法は、自然なカフェイン除去法として知られる超臨界二酸化炭素抽出法です。

この製法と有機栽培の極上コーヒー豆を使用していることで、カフェインレスであることを忘れるほど本来の味と香りをそのまま残すことができます。

深いコーヒーの味わいと体にやさしいという二重の喜びを提供します。

カフェインはほとんど除去されていますが、コーヒー本来の味と香りをしっかり残したこの製品は、どんな口の肥えた嗜好をも満足させることができます。

ドイツCR3社の天然液体二酸化炭素によるカフェイン除去法のメリット

● ローストされたコーヒーが生み出す香りや味に関する要素をほとんどそのまま残せること

● 抽出溶媒はすべて天然のもの(天然の二酸化炭素と純水)であること

● 使用するものは100%安全な物質、天然の二酸化炭素(カフェイン除去後は完全に蒸発して消失)と純水だけなので、健康へのリスクが全くないこと

● この製法によって作られたオーガニックコーヒーが、公的機関によって「オーガニック」に認証されること 2009年6月号の「たまごクラブ」でも妊婦の方でも安心してお召し上がりいただける美味しいインスタントコーヒーとして紹介されました。

でも、100%カフェインを除去できるわけではないうえ、カフェイン様の物質がほかにも入っているので、飲み過ぎは注意してください。

コーヒーの代用品

コーヒーの代用品として、妊婦さんや妊活中の方にはたんぽぽ茶はおなじみかもしれません。飲んだ味わいとしては、本当にコーヒーと言うより、香ばしい麦茶のように感じますが、なんとなく、コーヒーっぽい感じというのは楽しめると思います。色もコーヒーっぽい焦げ茶色ですからね。たんぽぽ茶を出しているメーカはどこもママさん、プレママさんに飲んでもらうことを意識しているので、どこのメーカーも材料や製法にはこだわっているようです。

ノンカフェインのタンポポ茶なら、お子さんと一緒に飲んでも安心ですね。

関連記事

急性カフェイン中毒って知っていますか? 脱水がおきやすい夏は要注意

国内でカフェイン中毒死 初報告

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《LINE@で質問・感想も「無料で」受付中》
LINE@でのトークは1対1なので気軽に話しかけてください(^∀^)
あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)⇒LINE@の過去の配信や相談はコチラ

《こんなことに思い当たりませんか?》
□気を遣いすぎて気づかれしてしまう。
□仕事が終わるとクタクタ。
□寝落ちして体が休まらない。
□朝起きるとダルくて疲れが抜けていない。
□体になにか良いことをしようと思うけど、どうしたらいいかわからない。

《LINE@でエネルギーマネジメントのコツを不定期配信中》
エネルギーマネジメントをするとこうなります★
□体力を温存できるからできることが増える
□朝すっきりと目覚めて気分が良く1日が始まる
□やる気が湧いて行動力が出てくる
□自分がやりたいことにエネルギーを注げるから人生が充実する
□ちょっとした元気になるコツを知ってすぐに実践できる

《登録無料・解除2クリック!》
エネルギーの浪費を避け、本当に注ぐべきところにエネルギーを投資する! エネルギーマネジメントをして元気で楽しい日々を送りたい方は、ぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク