過去記事を検索
スポンサーリンク

鍼を刺されると、筋肉がぎゅっとして、それからふわっと一瞬でなる【利用者の声】

慢性腰痛と脚の疲れを訴えるスポーツマンを施術。

3ヶ月前に私が全身治療をしたところ、一度の施術でかなり元気になったとのことでしたが、このころまた疲れが蓄積してきたようです。

「また腰が痛くなってきて…」

「いつから痛くなったんですか?」

フルマラソンを二回走った後からです」

「仕方ないですね(笑)」

ということで、腰、おしり、ふくらはぎに鍼をしました。

鍼を受けた感覚

鍼を刺されると、筋肉がぎゅっとして、それからふわっと一瞬でなる

とのこと。

ぎゅっとなる、というのは「ヒビキ」を感じた瞬間の反応ですね

スポーツマンは体の反応が良いので、鍼をする筋緊張が反射でたちどころに解消することが見られます。

すごーい( ゚д゚)

ふくらはぎ

スポーツをしてる男性のふくらはぎ

腓腹筋の内側、外側、境目の真ん中、の3カ所に鍼をしました。

アキレス腱は腓腹筋とつながっている

腓腹筋の使いすぎでアキレス腱が引っ張られる→アキレス腱のところで摩擦ストレスが発生→アキレス腱が痛くなる 

というメカニズムなので、アキレス腱が痛くても、腓腹筋に鍼をします(場合によりアキレス腱に鍼をしても良いです)

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《質問・感想も無料受付中》

あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)
読むだけで心も体も元気になる情報を不定期配信中。サロンの情報・限定情報・最新情報を受け取りたい方はぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
《LINE@登録はこちらから》
おもに体のこと、健康ネタについて配信しています。体が整えば好きなことがやれるし、心も安定するのだ!
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク