過去記事を検索

鍼を刺されると、筋肉がぎゅっとして、それからふわっと一瞬でなる【利用者の声】

慢性腰痛と脚の疲れを訴えるスポーツマンを施術。

3ヶ月前に私が全身治療をしたところ、一度の施術でかなり元気になったとのことでしたが、このころまた疲れが蓄積してきたようです。

「また腰が痛くなってきて…」

「いつから痛くなったんですか?」

フルマラソンを二回走った後からです」

「仕方ないですね(笑)」

ということで、腰、おしり、ふくらはぎに鍼をしました。

スポンサーリンク




鍼を受けた感覚

鍼を刺されると、筋肉がぎゅっとして、それからふわっと一瞬でなる

とのこと。

ぎゅっとなる、というのは「ヒビキ」を感じた瞬間の反応ですね

スポーツマンは体の反応が良いので、鍼をする筋緊張が反射でたちどころに解消することが見られます。

すごーい( ゚д゚)

ふくらはぎ

スポーツをしてる男性のふくらはぎ

腓腹筋の内側、外側、境目の真ん中、の3カ所に鍼をしました。

アキレス腱は腓腹筋とつながっている

腓腹筋の使いすぎでアキレス腱が引っ張られる→アキレス腱のところで摩擦ストレスが発生→アキレス腱が痛くなる 

というメカニズムなので、アキレス腱が痛くても、腓腹筋に鍼をします(場合によりアキレス腱に鍼をしても良いです)

登録も解除も2クリック
↓↓↓

友だち追加(検索 ☞ @skp9162n
《原口 ひろみ 公式LINE@》174名が登録中

無料質問受付中・・・LINE@では一対一の秘密のトークができるのでお気軽に登録してください。

メルマガ形式で情報を不定期配信中。

《LINE@登録特典》

★食品添加物の小冊子
★自分の体で相性の良いものをみつけるアナログのテスト法を解説した動画

健康情報、最新情報、限定音声を受け取りたい方はぜひ登録してください。

スポンサーリンク

最後まで読んでくれたヒトはFacebookなどSNSでぜひシェアしてください٩( ᐛ )و↓↓↓