鍼を刺されると、筋肉がぎゅっとして、それからふわっと一瞬でなる【利用者の声】

慢性腰痛と脚の疲れを訴えるスポーツマンを施術。

3ヶ月前に私が全身治療をしたところ、一度の施術でかなり元気になったとのことでしたが、このころまた疲れが蓄積してきたようです。

「また腰が痛くなってきて…」

「いつから痛くなったんですか?」

フルマラソンを二回走った後からです」

「仕方ないですね(笑)」

ということで、腰、おしり、ふくらはぎに鍼をしました。

鍼を受けた感覚

鍼を刺されると、筋肉がぎゅっとして、それからふわっと一瞬でなる

とのこと。

ぎゅっとなる、というのは「ヒビキ」を感じた瞬間の反応ですね

スポーツマンは体の反応が良いので、鍼をする筋緊張が反射でたちどころに解消することが見られます。

すごーい( ゚д゚)

ふくらはぎ

スポーツをしてる男性のふくらはぎ

腓腹筋の内側、外側、境目の真ん中、の3カ所に鍼をしました。

アキレス腱は腓腹筋とつながっている

腓腹筋の使いすぎでアキレス腱が引っ張られる→アキレス腱のところで摩擦ストレスが発生→アキレス腱が痛くなる 

というメカニズムなので、アキレス腱が痛くても、腓腹筋に鍼をします(場合によりアキレス腱に鍼をしても良いです)

ということで、もしアキレス腱が痛いな~!

となったら、痛みがある局所そのものへのアプローチは、とくにずきずきしている感覚が強いようであれば控えて、腓腹筋を触って、硬いところ、痛むところを揉んでみたり、セルフ灸をしてみたりしてください。

▼無料メルマガを書いています

\50人以上が登録中/

良かったら登録して下さい。

↓↓↓

最後まで貴重なエネルギーを使って読んでくれてありがとうございま。イイネ!シェア歓迎です♪