腰痛や腰の張りを解消するのにおしりに鍼をするのも効果的

腰がツライ=腰に指圧や鍼をする

と思いがちかもしれませんが、腰のお隣さん・おしりにもアプローチすると腰の症状の緩和に効果的って知っていましたか?

腰とおしりとは「腰背腱膜(ようはいけんまく)」という膜で連結

腰だけにアプローチしても、施術直後は確かに楽になります。

が、硬くなったおしりの筋肉 腰を牽引するストレスがかかっていると、 症状がも度安かったりするんです。

おしりだって立っていたり、座っていたりすれば硬くなるんですよ。

腰に鍼をする一連の写真

おしりに鍼をするところ

また、脊柱起立筋というながーい筋肉が背骨の上から下まだであるので(いわゆる背筋です)、

おしりの筋肉の硬さを解消する→腰も楽になる→首肩も楽になる

という連鎖があり、首肩こりの解消のためにおしりに鍼をすることもあるってことです。

体ってつながっていますね★

とやわらかく言いますが、

知識がない方からすると、筋肉そのものが思いもよらぬ走行をしていますし、さらに「筋膜」という筋肉同士を連結する薄い膜(鶏肉の調理をする際に見られます)で連結しているので、不具合が生じた局所だけ注目するのではなく、全体(グローバル)的視野でとらえるべきです。

★だだいま情報は無料メルマガを中心に発信中。

じわじわ登録者が増えてます(ノ´▽`)ノ♪

「いつも素敵な情報がくる」

「書いてあることを実践したら元気になった」

「固過ぎもせずふざけすぎもせずの塩梅なのでするするーっと読める」

と好評です。

 

★緊張しやすくて脱力しにくい方は必見★

5月は脱力をメインテーマに配信中。

次回メルマガは

脳と脱力の関係についてのお話

興味がある方は登録しておいてください

↓↓↓

▶公式メールマガジン【ねころび通信】の読者登録をする

 


★秘密の1対1トークができてコミュニケーションがとりやすいのがLINE@の魅力! ご質問・感想もお気軽に。

良かったらメルマガと合わせて登録しておいてください。

▶LINE@に登録する

最後まで貴重なエネルギーを使って読んでくれてありがとうございま。イイネ!シェア歓迎です♪