過去記事を検索

施術(仰向け)の一例-手足やお腹に鍼をすることで内臓の働きを整える-

肩こり腰痛を訴える方は多く、首・肩・背中・腰など背面部に鍼をするのもいいですが、「体の内側から元気になる」のは鍼灸治療の得意とするところ。

手足への刺激は内蔵の機能を高め、健康にとって大切です。

出張施術をしているクライアントに施術風景の撮影を協力してもらいましたしたので、どんな感じで私が施術をしているのか写真つきで紹介します。

スポンサーリンク




手首のツボに鍼

手首周りのツボは、呼吸器系(風邪、喘息、呼吸が浅い)皮膚(アレルギー)の症状を改善するときに使います。

足首のツボに鍼をしているところ

太谿

副腎調整に使います。

過労、ストレスなどから副腎疲労(慢性疲労症候群)になると、

  • 低血圧
  • アレルギー
  • 風邪
  • 流産

などなど、他にも沢山の全身的な不調につながります。

ただの疲れとあなどっていたら「疲れは万病の元」なのです。

足首の上にあるツボに鍼をしているところ

三陰交

三陰交は

  • 足のむくみ解消
  • 冷えを解消
  • 子宮内膜を収縮させ、骨盤内臓器の血流改善(男性も骨盤内の血流を改善すると嬉しい効果がありますね)
  • 脾臓調整(血糖値)
  • 胃の調子を整える

などなど頻出のツボです。

三陰交の灸-安産・妊活・生理のトラブル改善に♪簡単セルフケア-
体調管理のために来院している患者さんから 「産婦人科でお灸をするように勧められたんですけど、鍼灸を受けながら、さらに毎日やっていいんで...

お腹に鍼

東洋医学では『後天の精』(食事から取り込むエネルギー)を生み出す胃・小腸・大腸を大切にするので、お腹の治療は体の状態を整える上で重視する治療の流派も複数あります。

胃もたれ、便秘、二日酔いなど、暴飲暴食や内臓機能低下によって起こるトラブルはたくさんあります。

また、下腹部は特に妊活にも効果的ですが、妊活中でない方でも、

  • 生理痛緩和
  • 頻尿(夜間頻尿)緩和
  • 膀胱炎の痛み緩和

などの下の症状改善にも効果的。

妊娠中の膀胱炎の症状緩和にも、鍼灸がよく効く
膀胱炎(急性膀胱炎)は、 細菌感染により膀胱の粘膜に炎症が起こる病気ですが、尿道が短い女性は細菌が入りやすく、男性よりも膀胱炎にかかりやすい...

真の健康は体の内側から

鍼灸治療って何に効くの?

肩こり?

腰痛?

それだけじゃありません(・∀・)!

脈を整え、内臓の調子を整え、体の内側から元気にできる療法なのです♪

体からのメッセージを聴いて、調和とれた体を作りたい方は、ぜひ鍼灸を日々の生活の中に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

最後まで読んでくれたヒトはFacebookなどSNSでぜひシェアしてください٩( ᐛ )و↓↓↓


《LINE@・メルマガ登録特典★小冊子と動画をプレゼント中》

①食品添加物の小冊子
「食品添加物って何が体に良くないの?」という疑問が解消。これを読んだらもう食品添加物不フリーの食事にしたくなる!

②自分の体で感じるO-リングテストのやり方
知識とか、小難しいことはよくわからん!と言う方でも大丈夫!自分の体に相性が良いものをみわけることができるんです。そのチェックの仕方について動画で解説。


検索ID→@skp9162n

《質問・感想も「無料で」受付中》
あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)⇒LINE@の過去の配信や相談はコチラ

《健康のコツをテキストや音声で不定期配信中》

サロンの情報、ブログの更新情報、イベント情報など、お知らせすることもあります。

《登録無料・解除2クリック!》

ストレスを減らして元気で楽しい日々を送りたい方は、ぜひ登録してください。
↓↓↓

検索ID→@skp9162n