過去記事を検索
スポンサーリンク

髪の毛のように鍼(はり)は細い

はりをさす、と言われると注射針をイメージされるのではないでしょうか?

鍼灸でつかわれる鍼(はり)も太さが様々ですが、
髪の毛並みに細いものもあるのはご存知でしょうか?

今回は細い鍼について、簡単に紹介します。

こちらの写真は、髪の毛の生え際あたりに鍼をしているところです。

首の後ろへ鍼をしているところ

肩こり、目の疲れが取れます

鍼をアップにすると

写真の赤い鍼は直径0.16mmです。
こちらもかなり細いのです。
弱刺激でも効果が出る方や、リラックスや内臓の反射を起こすことが目的で鍼を受ける方にも向いています。

髪の毛と比較しても写真場では同じくらいに細く見えますね。

これだけ細い鍼を使うと、痛みが少なくなります。

トゲが指に刺さってもしばらく気づかなかったりするくらいですしね。

我々の体は指先や顔など特定の部位を除いて鈍感なんです。

髪の毛並みに細い鍼

髪の毛の太さは0.07-0.10mm。

現在、一番細い鍼0.10mmです。

こちらの紺色の鍼は、お顔のように皮膚が柔らかい部分にさす専用の短い鍼です。

日本の技術は世界一!

世界で一番細い鍼は日本の企業が作ったのでした( ^ω^ )

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《質問・感想も無料受付中》

あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)
読むだけで心も体も元気になる情報を不定期配信中。サロンの情報・限定情報・最新情報を受け取りたい方はぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
《LINE@登録はこちらから》
おもに体のこと、健康ネタについて配信しています。体が整えば好きなことがやれるし、心も安定するのだ!
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク