過去記事を検索

お茶の飲み方しだいで貧血になりやすい? お茶はいつ飲む?

女性は月経によって血が失われるため、貧血になる人が多いですね。

血液中の鉄分は酸素を運搬するヘモグロビンの材料になるので、鉄欠乏性貧血があると身体状態が酸欠状態に陥ります。

鉄分はお茶やコーヒーに含まれる渋み成分のタンニンと結びつきやすく、一度タンニンと結びついた鉄分は体に取り入れることができません。

スポンサーリンク




食べあわせに注意

アメリカの研究によると、トースト、ジャムの朝食の場合に吸収され鉄分の量は、オレンジジュースにした時と比べて紅茶を飲むと20% にまで減るそうです。
また、コーヒーを飲みながらハンバーガーを食べた場合、吸収される鉄分の量がコーヒー無しの時と比べて35%になるそうです。

C777_koucyatooyatu-thumb-autox600-14869

鉄欠乏性貧血を指摘された人は、食事中のお茶やコーヒーは避けるほうがよさそうです。
どうしても飲みたい場合は食後に1杯という風に時間をずらすと少しはマシかもしれませんね。

こうなると、南部鉄器の急須でお茶を入れるのは鉄の吸収を詐害する可能性からすると、もったいないのかもしれませんね。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

登録も解除も2クリック
↓↓↓

友だち追加(検索 ☞ @skp9162n
《原口 ひろみ 公式LINE@》174名が登録中

無料質問受付中・・・LINE@では一対一の秘密のトークができるのでお気軽に登録してください。

メルマガ形式で情報を不定期配信中。

《LINE@登録特典》

★食品添加物の小冊子
★自分の体で相性の良いものをみつけるアナログのテスト法を解説した動画

健康情報、最新情報、限定音声を受け取りたい方はぜひ登録してください。

スポンサーリンク

最後まで読んでくれたヒトはFacebookなどSNSでぜひシェアしてください٩( ᐛ )و↓↓↓