鍼灸は想定外のすばらしさをもたらしてくれるものだと私は決めた【つぶやき】

今回はつぶやき記事を。
私は曖昧なもの、いい加減なものが嫌いです。

鍼灸師だけど、

「氣の流れを整えます」

が嫌いなワード。

だって曖昧だから(笑)

氣を西洋医学的に解釈すると【自律神経、免疫系、内分泌系】の事を指していて、

ツボは【ポリモーダル受容器】だと思ってたし、

【体制自律神経反射】を惹起するものだと思ってました。

(※わからない人、ごめんけど詳細を省く)

そういう解釈をした方が、確かに存在するものだと思い込めて(※あくまで教科書的な話で、わたしが直接観測したわけじゃないよね)具体的にイメージ出来ました

で、鍼灸にも適応、不適応はあり何でも鍼灸さえやれば良い訳ではありません。

たとえば、病院を受診すべき方もいるし、栄養を過不足なくとるほうがいい方もいますし。

なので、鍼灸があたかも魔法のような凄いものだと勘違いしている患者さんがいれば、期待と実際のギャップを埋めないと、

「期待してた効果が得られないじゃないか!」

とクレームが発生するポイントでもあります。

このように、抑えるべきことは抑える必要があると思いますが

自律神経を整えるということは、今のその人のベストな状態へ整えるということです、

現代科学では未解明な部分が人体には多分にあるし

私が他者に対して鍼灸をどう説明するか?

私が鍼灸に対して本当はどう思ってるか?

を切り離しておいたって構わないので、

これからは、

【鍼灸とは、何か知らんけど、想定外の素晴らしさをもたらしてくれる魔法のような治療法である】

と私の前提を書き換えることにしました。

だって、リアルにそういう体験をしてきてるんだもん。
この【前提書き換える】のはあなたの世界やか世界観変えるのに大切なものです。
LINE@は97人が登録中!

《無料メルマガも書いています》

ブログを読んで興味をもってくださった方は良かったら情報を受け取ってください。

《ブログの感想・質問はLINE@からも受け付けています》

お気軽にメッセージをどうぞ。
友だち追加

 

最後まで貴重な時間を使って読んでくれてありがとうございます。