生きづらさの原因〝固定観念〟は価値観が違うヒトと話すことで壊れる

生きづらさの原因〝固定観念〟は価値観が違うヒトと話すことで壊れる

都内で見つけるレンタルスペースが可愛い!

 

いまどき、女子会にも、勉強会にも使える多用途スペースが人気なのかしら。

 

 

さてさて、今回の記事ではコミュニティのシェア。

小さなお子さんを連れてくるママさん用にと探し始めたのですが、大人たちもくつろげます。

 

リラックスして、各自の進捗状況をシェアしやすい雰囲気が作られます。

素の自分を見せるのが怖い

こんなコミュニティメンバーの女性がいます。

 

 

わ、

わかる、

わかるよその気持ち (゚∀゚)

 

 

昔の自分もそう感じてガチガチに守ってる時はあったし。

今でも、完璧に

まっぱ・:*+.\(( °ω° ))/.:+

で生きてるわけではない隠蔽体質です、

ええ。

 

 

でもね

あなたが必死に隠してる素の自分なんて

 

客観的に見たらダダ漏れであって

 

頭隠して尻隠さずになってるもんです。

 

この主観と客観のズレや思い込み・固定観念を修正するのは

コミュニティみたいに複数の人間が一堂に介して

フィードバックしあって「盲点」の部分を減らしていくのですよ(╹◡╹)

ジョハリの窓を「開放」して、ストレスを減らし才能開花して生きる

 

隠してる素の部分に✖️をつけちゃってるのは、自分自身なんで、そこを見つめる、晒す、を繰り返すうちに自然と受け入れられるようになってくるんです。

 

別に私は、

すげーオリジナルコンテンツがあります!

 

どや!

ってのは一切ないです。

コミュニティメンバーの存在そのものに価値がある

コミュニティには

ふかく、ふかく悩んでる人もいるい、お気楽ハッピーでのほほんとしてる人もいる。

クソ真面目な人もいるし、ぶっとんでる人もいる。

ロジカルな人もいるし、感覚派の人もいる。

内向的な人もいるし、外交的な人もいる。

共感する人もいるし、しない人もいる。

 

 

「あなたと私は全然違う!」

「私のほうが正しい!」

と意見対立するんじゃなくて

「あ、こんな見方、解釈もあるんだな」

と気付き、受け入れる。

 

 

いつもの友達、会社の同僚、ママ友・・・って、似たもの同士でコミュニティを形成しているんですよ。

 

あなたのいつもの生活の中で、なかなかあわない人と、意見を交換するのが価値があるんです。

 

あなたが悩んでることは実は大したことがない

他人から見たら「え、なんでそんなことで悩んでるの?」というお悩みはたくさんある。

 

「事実」に「変な解釈」とか「感情」をくっつけたり、「まる」、「ばつ」をつけて、悩んでる。

 

 

人それぞれいろんな状況で

辛かったり

苦しかったり

悩んだり

深刻に考えてたり

事実に感情をくっつけたり

問題にしちゃうけど

 

実は大したことがない 

 

ということに気づくまでの人生のゲームなんだろね。

この漫画の名言は、色あせない(笑)

 

 

 

大半の悩みは、解決しなくていい。

 

 

 

え、私がこんなに悩んでたことって、大したことじゃないのか~(゚∀゚)!!

に気づくゲーム。

 

 

 

ごちゃ混ぜコミュニティで、いろんな経験、知識、価値観の人がお互いの悩みをシェアして、

すごいね!と称賛したり

大変だよね〜と共感したり

「私はこう思う」、「こうしているよ」というフィードバックをする。

 

 

場合によれば

「こうしたら?」 というアドバイスをくれたり

「じゃあどうしたいの?」

「あなたの望みって、本当はなんなの?」

と対話を通して自分の思い込みを壊していく。

 

ハムスターのランニングホイールよろしく、ずっとぐるぐる悩んでいたい人は、私がどうあがこうと、他のメンバーがフィードバックしようが、アドバイスしようが、質問しようが、「わからない」ってにごして、ごまかして、そのまんまだしね。

 

 

そういう方を、手取り足取り面倒見るほど、私は自己犠牲的に働きませんから。

 

私が与えられるのは、学び、アウトプットの環境と、面白いメンバーと、気づき

 

ただそれだけ。

講座後の交流

 

目黒でメンバーの火属性男子2人とおはなし。

両手に華ですね。

タリーズの向かい側にある、ラーメン屋さんへ移動。お洒落なつけ麺。お店の名前…忘れた。

 

 

コミュニティ、後半戦。

 

どんなシナジーが起きるかしら。

コミュニティカテゴリの最新記事