「空気が読めなくてトラブルになることがあり、生きづらさを感じています」

「空気が読めなくてトラブルになることがあり、生きづらさを感じています」

以前

「空気が読めなくてトラブルになることがあり、生きづらさを感じています」

というお悩みをお持ちの男性が、鍼灸治療を受けに来てくれました。

なぜこの悩みで鍼灸治療を受けにきたか?

というと、

鍼灸治療を受けることで体には色んな変化が起きますが、

その中のひとつが「オキシトシンの分泌」です。

オキシトシンとは、別名「愛情ホルモン」とも呼ばれ、授乳中のお母さんが分泌が高まるよ~と発見されたホルモンです。

このオキシトシンにはいろんな健康効果や心理効果があります。

オキシトシンの効果

✔️免疫力のアップ

✔️交感神経の活動を下げる(血圧を下げる)

✔️副交感神経の活動を高める(心拍数を下げる)

✔️ドーパミン、セロトニン、アセチルコリンの伝達系も作動させる

✔️鎮痛効果(エンドルフィンやエンケファリンといった内因性オピオイド物質(いわゆる脳内麻薬の機能に影響することで)

といった体の健康効果もあります。

また

✔️リラックス、ストレスの低下(ノルアドレナリンのブロック)

✔️恐怖心の軽減(扁桃体の活動を抑える)

という心理効果もあります。

さらに、

✔️ヒトと関わる能力の増幅(相手の目を良く見る、見ている相手の気持ちがわかるようになる、その結果、信頼感と寛容性が増す)

と、対人関係にまで良い影響を及ぼします。


オキシトシン、マジですごい!

で、

このオキシトシンの効果の中でも

ヒトと関わる能力の増幅(相手の目を良く見る、見ている相手の気持ちがわかるようになる、その結果、信頼感と寛容性が増す)

という効果を期待して、

「鍼灸を受けることでオキシトシンが分泌されるなら、受けたい!」

と思ったようです。

私は当初、いかにして鍼灸治療が「空気を読む」という人間の能力というか、脳力を発揮するのに有効化を説明する気まんまんだったのですが…

いつ
誰と
どんなことで
トラブルが起きてしまうのか?

を掘り下げたら

なんか、

この人は、

そのままでいいんじゃないか?

と感じてしまいまして、

最終的に

「『空気読めないTシャツ』を来てください」

というアドバイスに落ち着きました。

もはや、鍼灸はカンケーない(笑)

(いや、リピートしてくれたら原口は嬉しいですし、治療も受けていただきました)

なぜなら

対人関係のトラブルが起きるのが

プライベートで
同年代の女性と
だったのです。

あ~これ、「エレメンツコード」でいうなら「火と水のケンカ」だなあ、と思いました。

━━━━━━━━━━━━

エレメンツコードの詳細はこちらのHPをチェック
https://elementscode.jp/about/

━━━━━━━━━━━━

つまり

  • 空気を読んで
  • 共感して
  • 察して
  • 余計なことをしないで
  • (余計なことをしないでいれば)動け!

とか、感性や感覚が強め(=水)の女性に、ロジカルシンキングが得意(=火)な男性がいわれがちな文句です。

そして、やる気を削いじゃう言葉です。

ちなみに原口も感覚より思考優位な火属性人間なので

  • 共感しづらいし
  • 気配りが苦手だし
  • 察するとかスピリチュアル能力だろって思ってるし
  • 言葉にしないと伝わらないと思っている(私がわからないので)

というのが基本スタンスです。

自己紹介みたいな状況がきたら、「原口はこういうやつだよ」というのを説明します。

(※原口とお話して、共感してる風に見えるかもしれませんが、原口がやっているのは「傾聴」です。)

できないことはいったん諦めよう!

空気を読むに限定せず、

「できないことをなんとか出来ようになろう、克服しようとするのを辞める」

という生き方を変える必要な方は多いのではないでしょうか?

どうあがいても、「出来ないジャンル」「才能がないジャンル」というのは、あります!

できないことを無理やり頑張って生きづらさを感じるより、

「私は察するのが苦手だし、気配りできないからね!」

と突っぱねてしまえば、ストレスが減ってぐ~っと生きやすくなります。

めっちゃ楽だよ~。

が、

これができるのは

「相手に嫌われてもいい」と思えている前提があるから、ですよね。

人間関係のトラブルが起きてしまうから、何とかしたい、という想いの奥には

「仲良くしたい」と思っているからです。

プライベートで仲良く接したい女性に対して、

そんな態度がとれるか?というと、怖さが出てきて難しく感じるかもしれません。

そういうときは、2人の間をとりもってくれる第三者の協力を仰ぐ、というのも必要になってきます。

なんでもかんでも、自分独りだけで解決しようとしなくてもいいんですよ?

1対1だと対立構造になりやすいですが、3人になったら「調和」をとる形になりますからね。

そして、

「私は空気が読めないやつなんです!」を貫いて、周知するという行動を徹底して、あきらめてもらうしかないです。

とはいえ、

これまで何年間も「空気を読めるように努力する人」として過ごしてきた年月があるわけですから

「これから私は空気を読めません!」と《手のひらを返した》とき、めっちゃ怒られるでしょうね~。

そのときに
「あ~やっぱり、空気を読みます、す、す、すみません…」
と引っ込んでしまったら、またもとの生き辛い日々に戻ります。

なので、
そこの反撃を振り払って
空気が読めないクズに成り下がる
っていうのをやってくださいませ(^^)

それを当たり前に出来るようになったら
「空気が読めない○○さん」のままで仲良く過ごせる人たちと一緒に楽しく過ごす
という次の状況がやってきます。

空気を読んで欲しい女性たちにたいして「できないものはできない!」と貫ける生き方ができるように、後武運を祈ります。

人間関係カテゴリの最新記事