コミュニティ運営のコツ:「お客様」ではなくて「サポーター」という意識の人が多いとうまくいく

コミュニティ運営のコツ:「お客様」ではなくて「サポーター」という意識の人が多いとうまくいく

7月から始めたコミュニティ運営。

 

私自身も日々気づきや学びがあります。

 

今回は、2ヶ月経過した時点でのコミュニティ運営で「こういう人がいたらスムースに回るな」というタイプのヒトについて語ります。

 

「お客様」と「サポーター」はなにが違うのか?

コミュニティ運営を始めて2ヶ月ほど経過したあたりから、コミュニティメンバーの質が

「お客様とサポーターに分かれてきたかなぁ」

と感じています。

 

もちろん、その人が「今」どんな課題に向き合うべきか?というのは人それぞれなので、まずはお客様としてしっかりやることをやる、というのも大事ですけど、「2つのタイプがいるんだな」というのを気付いてもらったほうが、人生スゴロクをすすむスピードが上がります。

 

ここから先は、私が考える「お客様」と「サポーター」の違いについて書いていきます。

 

お客様とは

お客様は「自分がこのコミュニティに参加することで何が得られるか?」を主眼に置いています。

サポーターとは

これに対しサポーターは「自分がこのコミュニティで何が貢献できるか?」に主眼を置いています。

(もちろん「両方」という人もいますよ)

 

場の力・みんなのチカラがあるのがすごい

で、私が集まってきてくれた人たちに対して何をするか?というと、その人の人生が好転するお手伝いします。

 

 

でも、お客さんがずっとお客さんで居続けることはよくないです。

 

なぜか?というと、

これは、内面が育ってない、あり方が変化してないことの表れだからです。

 

コミュニティは、1人では解決できないことをみんなの力を借りて解決していく、良くなっていくわけですが、ほかのメンバーがいるからこそ、メンバーの状態の差が浮き彫りになります。

 

「お客さん」をいくらたくさん集めても、コミュニティの質は高まりません。

 

他の例でいうと、
サッカーやプロ野球を観に行く人の主目的が「スポーツ観戦を楽しみたい」とかとか「一緒に行った人とワイワイやってストレス発散したい」といった理由であればお客様です。

 

ごひいきのチームがあってもなくても楽しめて、とくにチームの勝敗にもこだわらない。

 

選手のスーパープレイを見て「すげー!」「わー、きゃー!」と言って、どっちのチームが勝っても負けても「あー、楽しかったね」と言って帰ります。

 

一方、サポーターとは、「自分が楽しみたい」という気持ちよりも、「微力ながらでもチームの勝利に貢献したい」という気持ちが大きい人たちのことです。

 

だからスタジアムに行ったら、声を出して応援します。

 

前に、西武遊園地で野球観戦をしたことがありますが、贔屓のチームが攻撃に入ると歌って、演奏して、旗を振って、応援団一丸となって体を揺らしてウェーブをして…とずっとやります。

※ちなみに私もこの例だとビール片手に「わーすごーい💕」とはしゃいでただけのお客様で、ごひいきチームは特にないです。

 

サポーターとの熱量を比べたら、半端ない差ですね。

 

そして、ごひいきチームの勝敗を自分のことのように一喜一憂します。

 

スポーツの世界で優勝できるのはわずか1チーム。

 

圧倒的に負けるチームの方が多い世界の中、悔しい思いをすることのほうがストレスのほうが多いですよね。

 

でも、応援・サポートするんです。

 

スポーツチームの応援だとイメージしやすいでしょうけど、日頃からここまでの意識を持てる人って、一握りなんで、珍しいです。

 

でも、誰もがそうなることができる。

 

コミュニティに所属する最初の動機は「お客様」でいいのです。

 

「このコミュニティに所属することで自分の未来を良くしたい!」と思って参加するのは、スーパー当たり前。

でも、いつまでも「お客様」でい続ける人ではなくて、どこかから「サポーター」に変化していくことが大事です。

私はコミュ二ティメンバーに「あなたの気づきとか変化をグループページに投稿してね」と口すっぱく言ってます。

 

個人面談のたびに言ってます。

 

自分が良くなる過程をシェアすることで、それを見たほかのメンバーの刺激になったりする。

 

そういう意識を、ちょっとでも持つこと。

 

それが人間性を高めていくこと、人生を好転させることにつながるんです。

 

とくに、エレメンツコードの地属性の人は、主体的に動くのが苦手な人が多いかもしれないけど、それでも良きサポーターになれるのよね。

エレメンツコードが氣になる方はこちらからサイトをチェック

https://elementscode.jp/about/

エレメンツコードの4属性は、
「外向き⇔内向き」を表す横軸と、
「男性性⇔女性性」を表す縦軸で表されます。

 

変化のスピードはとそれぞれなので、進む人はどんどん進む。

 

ゆっくりな人は、じわじわ進む。

 

ゆっくり変化する人でも、今はめちゃくちゃつらくて自分1人がなんとかなることにか意識を向けられない人でも、

「今は私はお客様だけど、いつかサポーターになろう」

そういう「意識」を頭の片隅に置いておくのね。

 

 

のちのち、成長してからの課題と、今の課題とは別だけど、人生、まだまだ先は長いぜ!というにを認識したヒトと、そうでないヒトとで、ペース配分が変わるのと一緒です。

 

「今」からでも、「ほんの少しでも」いいから、「サポーター」としてやれることはある。

 

そうやって、自分の才能・資質を発揮して、楽しく、輝いていきましょう。

こちらもどうぞ

生きづらいヒトが本音に従い好きな人のお役に立って使命に生きるまで【保存版】

コミュニティカテゴリの最新記事