梅雨の時期を元気に乗り切りたいヒト必見★東洋医学の食養生!

梅雨の時期を元気に乗り切りたいヒト必見★東洋医学の食養生!

空を覆う厚い雲、雨降りやジメジメした天候など、気持ちまでどんよりしがちですね。

梅雨の不調は

  1. 低気圧
  1. 寒暖差
  1. 湿邪

の影響で起きやすくなります。

冷たいものを食べ過ぎたり、湿気の多い天候によって、消化器系に負担がかかりやすい季節です。

✔️食欲がない
✔️疲れやすい
✔️皮膚に湿疹がでてかゆい
✔️浮腫み
✔️軟便、下痢

こんな状態が慢性化してるなら、黄色信号。

梅雨の気候から受ける悪影響を、

東洋医学では【湿邪-しつじゃ-】と呼びます。

湿じゃに影響を受けると、体にもめにみえるほどの変化が。

例えば、舌が腫れぼったくなったり、舌苔が白くなります。

こんな時期は、東洋医学の知恵を使って上手に乗り切りましょ٩( ‘ω’ )و

梅雨(土用)は消化器系【脾胃】が司る

土、脾、口、胃、甘味、筋肉、思、黄色、唇、長夏

が関連すると考えます。

梅雨のだるさの原因

体の水の巡りの低下…冷たいもの過剰摂取、運動不足、甘いものの取り過ぎ。

湿度が上がってくることで、湿気の吸収

外も内も水分過剰になること。

そして気血水は連動しているので、気の流れも悪くなり鬱々としたり塞ぎ込んだり、血行不良も起こりやすくなります。

また雨の日は急激に、寒くなります。

梅雨を乗り切る食養生

梅雨の寒さ対策には、この季節にあった食材がお勧めです。

【辛温解表】という言葉があります。

温熱性の食材は体を温め寒気を払い、気、血、水の巡りを良くする働きがあります。

またそのお多くに興奮作用があるので、低気圧の影響でだるい時にシャキッ!してバランスを取りたい。

そんな方にもぴったり(^^)

✔️紫蘇(大葉)、生姜、ネギ、シナモンなど

血行促進、解熱効果が期待できるものもあり、体表面から梅雨の湿邪のジメジメを軽く汗をかかせて追い出すイメージです。

ショウガ…温性の食材。

体を即座に温め、体質的の冷えも改善します。

漢方薬に処方されることもあり、風邪による寒気にも効果がある。

ニンニク…温性の食材。

胃、肺、大腸を養う。

解毒の働きがあり、腫れ物の改善にも効果的。

利尿作用のあるもの

一般的にカリウムが多くて塩分を出すようや利尿効果が期待できます。

梅雨のだるさは、ウリ科のキュウリやゴーヤ、カボチャ、メロン、ズッキーニなど。

豆類も利尿作用があり、食べるといいですね。

あずき、さやいんげん、スナップえんどう、グリーンピース、そら豆などなど。ヨクイニンを含むハトムギも。

体内に溜まった余計な湿を排出しましょ。

香りのあるもの

中医学では【芳香化湿】という方法で、モヤモヤした部屋の窓を開けて風通しを良くして爽やかにする方法ですよー。

山椒、パクチー(コリアンダー、香菜)、紫蘇、ジャスミン、ミョウガ、らっきょう、生姜などです。

お肉やお魚のおともにどうぞ。

脾を補うのは【甘】、トウモロコシ、かぼちゃ、さつまいももといった【黄】色の自然な甘さの食材、いいです。

梅雨に控えた方がいい食材

✔️冷たいもの

…生のお刺身も控えた方が良いですが、アイスコーヒー、ビールなど過剰な飲み過ぎはお腹が冷えて外気の肌寒さや冷房と組み合わさり、内からも外からも体を冷やす原因となります。

夏バテの原因よね。

控えるが吉。

冷たいものを飲食するときは、大葉やミョウガ、生姜など薬味でバランスとるといいですね。

✔️食欲がないからとついついあっさりとしたものを食べたくなり、炭水化物を摂り過ぎてしまいます。

梅雨の食欲不振でお茶漬けやソーメンなどあっさりしたものも食べたくなりますが、栄養学的には【タンパク質】も必要です。

お肉(鶏肉)やお魚、卵などもバランスよく、薬味をとりいれて食べてくださいね。

雨で足元が濡れるので末端の冷えに注意

言わずもがな、体が水に濡れたら冷えます。

室内にいても、冷えや湿気は床に溜まりやすいので、要注意。

そんな時は湯船に浸かって温まりましょう。

体を温めるセルフケアといえば

お灸しよ!

低気圧や雨でだるう(ヽ´ω`)な日でもシャキッと起きて1日を始めたいヒトにオススメなツボ【陽池-ようち-】

低気圧だと具合が悪くなるヒト向け:対処法はコレ!

陰陵泉(いんりょうせん)にお灸して体の湿邪対策をしよう

東洋医学カテゴリの最新記事