うつの予防に手軽にできる筋トレとは?【LINE@相談】

うつの予防に手軽にできる筋トレとは?【LINE@相談】

LINE@でいただいたご質問はたまにブログのネタにさせていただきます。

 

あざーす٩( ᐛ )و

 

セロトニンは【反復運動】で分泌が高まるので、本当に辛くて動けない時はガムを噛むでもOKなのです。

 

今回は背筋を鍛えたいというリクエストだったので、私も実践している寝る前に1分だけやるエクササイズで回答しました。

 

今回お答えしたらエクササイズには、

  1. 姿勢からのメンタルの変化
  2. 酸素摂取量増大
  3. 疲れにくくなる

という利点があります。

LINE@での質問

質問者

『わたし、うつになりやすいのが悩みで。
うつは筋トレで軽減できる!!と頭ではわかっているのですが、
実際うつになってるときって、無気力状態になるので、なかなか筋トレやるぞ!ってなれません(つД`)ノ
普段の生活習慣と組み合わせて、
お皿洗いする時は、かかと上げ下げしながら!
とかやってみているのですが、

そんな感じで、

ながら筋トレ?のオススメの方法があったらぜひ教えていただきたいです。

ちなみに、腹筋と背筋(とくに背筋…)の鍛え方が知りたいですヽ(;▽;)ノ

ドローイン、めっちゃ効果ありますね!ウェスト細くなった

 

原口

『うつになっちゃうと、確かにアクティブなことはしづらいよね(´Д` )

①背筋の筋トレでオススメなのは

体幹トレーニングで出てくる【ニーアップフロントブリッジ】

難しければ膝をついて運動強度を落とせますし、YouTubeで出てきますよ❗️

これを寝る前に【7秒姿勢をキープ×3回】やるだけで、睡眠中に背筋が緩んで寝られます。

いま、私も寝る前に1分だけやって寝るようにしてます。

猫背改善効果もあるので、

呼吸が浅く酸欠からくるもの

首のズレ、肩こりからくるもの

に期待できるはず★

 

②腹筋を鍛えるのは、

力を入れない本来のドローインに加えて、

強く息を吐いてお腹を凹ませるのを組み合わせるだけでまずは大丈夫です。』

 

質問者

『そうなんです(−_−#)

うつにならないように日頃から気を使っていたものの、冬はやっぱりうつうつしちゃって

おおお、これ確かにやってみると、キープは結構キツイですね、効きそう

やってみますね!ありがとうございます!!

ども\(^o^)/

 

原口

『あと、【外出したら階段を使う】だけで下半身が鍛えられますので』

 

質問者

『 たしかにー!

階段、だいじ✨

最近は日光を浴びることもかねて、勤務先まで片道40分徒歩。笑。』

こんな感じでお答えしてます

 

これから紹介するエクササイズは猫背改善に有効ですが、姿勢がテストステロンというホルモンの分泌量に影響しますが、テストステロンは筋肉をつけるのに関わるだけでなく、やる気や行動力、意欲といった内面に影響します。

 

 

 

また、運動そのものはドーパミンを分泌させるので、こちらもうつ症状の改善に効果的とされます。

 

 

二ーアップフロントブリッジ

 

肩、腰、膝、足が一直線になることが大事。

低強度版

 

辛い方は膝をついて強度を落としましょう。こちらも肩、腰、膝が一直線になるように意識しましょう。

 

会話でも出てきますが、ドローインをマスターした後に体幹トレーニングに移行することをオススメします。

腰椎の安定化!仰向けドローイン完全マスターして下っ腹も凹ませろ【動画】

 

運動ではないのですが、鍼灸治療もドーパミンを分泌させたり、海馬をぶっこわす原因となるコルチゾールの分泌を抑制したり、打つ症状の改善に効果的な両方であるといえますので、お試しあれ。

質問・相談・ご報告カテゴリの最新記事