生きづらいヒトが本音に従い好きな人のお役に立って使命に生きるまで【保存版】

生きづらいヒトが本音に従い好きな人のお役に立って使命に生きるまで【保存版】

どうも、はらひろです。

 

ワタクシは

7/6(土)から東京開催でコミュニティ(長期講座)をスタートさせたいな~(・∀・)

という想いがひそかにありまして(※募集はまだしてないけど、先行募集はメルマガ、LINE @内から!)

 

 

「え?コミュニティなんか興味がないよ~」

というアナタでも!

「何故コミュニティをやりたいの?」

というのを超!お役に立つ形で書いていきますから

普段のブログを読む感覚で読み勧めてください。

 

 

そのために、

これから連載で

生きづらくてボッチだった私がこの3年間で人生を変えていった方法を大公開!

みたいな内容を書いていきます。

(あくまで・・・みたいな)

 

 

たとえば、

コレが2015年。

 

これが2019年。

 

みたいなイメージを持ってくださいw

 

 

 

が!

決して、

ゆるく、ラクに、ちょろく、簡単に出来ます!

とかいうオイシイ話ではございません。

そういう期待をしている人はここで回れ右!

 

 

今回の記事でインストールして欲しいのは

数千年前から今も変わらない

「ヒトはこういう風に精神性が成長していくものだ」という「人間成長の雛形」です。

 

 

はらひろが適当に思いついた~(^q^)!

みたいな内容でないです。

背景としては数千年単位で受け継がれる宗教で共通して説かれる内容です。

 

  1. 人間成長の雛形を学び
  2. 適切に意識をもち
  3. 行動する

ことで、あなたの人生がより早く良い方向へ向かいます。

人類共通の成長の雛形

人間成長には「ステージ」があり、ステージごとにやるべきことが違ったり、大切なことが間逆だったりしてルールが変わります。

 

国によって法律が違えば、生活の仕方が変わる、みたいなものです。

 

まず、人生をスムースに生きていくうえで知っておくべき『世界地図』を手に入れて、おおきく見通しをたてましょう。

絵を描くのが苦手なはらひろが、水面下でせっせと練習した成果です!やっぱり、イラストがあった方がなんかええやん(*´∀`*)

 

このステージの概念は表現が違っても、「未熟→成熟」までの変化は、どこかで見たことがあるかも知れません。

 

 

そして、zoomセッションで色んな方とお話を聞くことを通して、私のメルマガ・LINE @読者さんがどんなことに関心があるか?というのが見えてきました。

 

大きく分けると3パターンの方たちです。

 

・本音を言えない

・我慢しがち(やりたいことを我慢、やりたくないことをいやいややる)

・やりたいことがわからない

・行動できない

・飽きっぽくて継続できない

・不安が強い

・未来のことを心配してしまう

・ビジネスで心が挫けることがあった

という、お疲れ・どん底ゾーンのヒト。

・強みを知りたい

・使命・ミッション・軸を知りたい

・健康・食事ってどこまでこだわればいいの?

みたいな、収入も安定しているし、とくに困ってるわけじゃないけど、今の状態になんだかモヤモヤゾーンのヒト。

 

・好きなことに向かって色々と好奇心を持って体験しまくってる

・今目の前にある幸せを受け取って満たされてる

という幸せゾーンのヒト

など様々でした。

 

とはいえ「人間成長の雛形」のどこかにいるのは間違いないです。

 

 

というわけで、

その成長の段階ごとに

解説していきます。

 

 

すべてのステージにおいて

  1. 本音で生きる
  2. エネルギーを高める

のが超!大事。

生きづらいヒトが本音に従い好きな人のお役に立って使命に生きるまで【4つのステージ】

Zoomお話し会では「使命・ミッション・軸探し」が人気テーマでしたが、

「生きづらい」「なんかモヤモヤ」みたいな方は、ステージ1からがっちりチェックして下さい。

 

基礎編が出来ていないのに、応用・発展編をやりたがるのは人間の良くない癖です!

ステージ1:欲望

・本音を無視して生きている(ex.本当は会社に行くのが嫌だけど仕方なく働く)

・周りの意見が気になってやりたいことができない

・嫌われたくない、愛されたい、評価されたい、認められたい

・本当の自分を隠して、偽りのキャラを演じている

・常識や他人の価値観に左右される

・ぱっと見は「良い人」

・緊張感が強い

・自分の人生は他人まかせ

・現状を変えない言い訳をする(ex.生まれのせい、環境のせい、誰かのせい)

・現状を変えようと努力・行動しているが空回り

・自分の利益や要求を相手に求めてばかり(クレクレ)

・自分がいかに大変なのかアピール

・勝ち負けや損得に敏感、マウンティング

・両親との関係が悪い/交流を避ける

・不安や悩みでいっぱい

・イライラして感情の起伏が激しい

・「生活のため」に働く

 

ここらへんはいわゆる「生きづらさを抱えているヒト」です。

 

タワマン、高級ホテルでお茶会、ブランド物など物質的なモノを欲しがります。

 

ラクして稼ぎたい、モテたい、ヤリたいなど、「欲望」が強い。

 

衝動買いやヤケ食いなど衝動的。

(※欲望はなくなるものではないのですが、とっても強いんです)

 

 

かつての札束と一緒に写っていた与沢翼さんをイメージするとわかりやすいかと。

なんでこんなにわかりやすいんや。

(※今の彼のツイッターはダイエットアカと化していますね)

ステージアップのためにやること

  • 本音で生きる(思っていること、言っていること、やっていることを一致させる)
  • 親や他人の目を気にしない
  • 常識や思い込みにとらわれない
  • 過去のトラウマと向き合う
  • 色眼鏡でヒトをみない
  • 正しい/正しくないの基準から、自分の好き/嫌いの基準へ
  • 勝ち負けの関係から、横並びのフラットな関係へ
  • 脱力、リラックス
  • 苦手なことを無理してやらない
  • 見栄を張らず、等身大の自分でいる
  • 自分のクソなところを愛すること

ステージ2:自己実現

・自分の本音がわかってきている(けど、まだ欲望に近い)

・ワクワク

・影響力がある

・わがまま、自分勝手、自分中心の発想

・自分の意見が明確になることで人間関係で衝突が起きやすくなる

・自分を大切にする(相手のことはあまり考えない)

・心地よさ、良い気分を重視

・「自分の人生は自分で舵取りする!」という自主性が強くなる

・言動がエネルギッシュ、派手、目立つ

・好きを仕事にする

・好きなことのために頑張る

 

 

ものすごく稼いでたり、本が売れたり、はなやかで目立つので、一般的に「成功者」としてみられる。

 

実はお客さんや周りのヒトからエネルギーを奪って生きていることに自身もうすうす気づいており、いつか終わりが来る恐怖があるニセモノの成功者。

 

もっともっと上を!目指す病にかかっていることも。

ステージアップのためにやること

・自己実現のステージに上がりたてのヒトは欲望のステージの課題とかぶっているところもあるので、そこを引き続き減らす

・自分以外を大事にする

・相手の意見も尊重する

・足るを知る

・自分が、自分が、のエゴを減らす

・チーム全体のように大きな視野を持つ

 

ステージ3:貢献・循環

・本音レベルで心の声を聴けるようになる

・自分も相手も大事にするWin-Winの関係をもつ。

・「誰かのために」「お役に立つために」意識して行動できる

・他人の価値観を許容できる

・性格が穏やかになってくる

・人望があつい

・応援するし、応援される

・家族関係や人間関係が良好

・人生のベースが愛や喜び

・競争意識や勝ち負けの感覚があまりない

・視野が広がり、沢山の視点を持ったり、長期的にものごとを見られるようになる

・ビジネスが長期的に繁栄

 

これもいわゆる「良いヒト」だが、欲望のステージの「良いヒト」と違うのは、あたたかい、まるい、やらわかい、軽い、明るい雰囲気であること。

 

自己犠牲ではなく他者貢献であること。

 

自分の好き・嫌い/得意・不得意が判っていて、エネルギーを注ぐべき相手、注いではいけない相手を区別し始める。

 

ステージアップのためにやること

・自らの使命・天命を知ること

・お役目に生きること

・喜んで損すること

・世界と自分の垣根をなくす、仕事とプライベートの垣根をなくす、のような一体感を持つこと

 

ステージ4:使命

・自分の心の声だけではなく、潜在意識ともつながり全体の声を察知している。

・自分も他人も世の中も、地球も、未来も大事にする(無意識でできる)

・使命をまっとうするためなら「嫌なこと」も「損な役回り」も進んで引き受ける

・「祈り」の感覚で生きている

派手さがなく目立たない

・感化力がある

・ヒトだけでなく神様に応援される

・本物から支持される

・「お役目「使命」のため生きるので迷わない、ブレない

・一日一生の感覚で今を大事にする、けど未来も大事にする

・人生=仕事

 

このステージのヒトを見つけるのはとっても難しい。

 

私がコンサルをお願いしている人も使命のステージの人だけど、ぱっと見はゆるいおにーちゃんです。

ステージはその時の状態によって変わる

私は現時点で「貢献・循環」の初期あたりにいます。

 

できるだけ他者貢献しよう!と「意識」したり、長期的目線で生きるよう意識しています。

 

が、腹がめっちゃ痛くなったときなんか、今すぐトイレに駆け込むことしか考えてない(笑)

 

 

便器にうずくまってるときに「世界平和~」って祈れないよ(笑)

 

 

こんなふうに、ステージは、そのときの心身の状態によって、歩いていど、上がったり下がったりします。

 

 

ステージを高くしておくために、健康でいることはマジ大事だからエネルギーを高く保とう(力説)

 

 

こんな感じで、

ステージごとにやるべきことが違ったり、ルールが間逆になったりするのがポイントです。

 

世の中、いろんな発信があって、「頑張れ」「頑張るな」「相手を優先しろ」「自分を優先しろ」とヒトによって言っていることが間逆ですよね。

 

 

それは、この「人間成長の雛形」でどこのステージの人に向かって言ってるのか?

が曖昧だと混乱します(^^;)

 

もしあなたがコーチ・コンサルタント・カウンセラーのような職業なら、クライアントがどんなステージにいる人かな?というのをこのブログの条件に当てはめてみてください。

「どういうアドバイスをしたらその人がよりよく変化していかな?」

というひとつの指標となります。

 

 

で、今回の記事では解説しませんが、ステージアップの節目で「お試し」「アイデンティティクライシス」「挫折」「トラブル」が発生します。

 

そのステージを卒業するための試練ですね。

 

ここを乗り越えるためにもエネルギーを高く保っておく必要があります。

 

 

で、せっかくこれだけ4段階に分けて丁寧に書いても、抽象度が高いから、わかりにくいんです。

 

というわけで、

次回は、ワタクシはらひろの生ストーリーを使って、どういう風に人間が成長していくものなのか?を(貢献・循環のステージまで)具体的に解説します。

 

そこから、あなたが自分の本音を知り、それに従い行動し、自分の強みを見つけたり、才能開花したり、人の役にたったり、使命に生きたり・・・と進んでいくヒント山盛り!になりますから、よーく読んでね!

 

一連の記事

生きづらいヒトが本音に従い好きな人のお役に立って使命に生きるまで【保存版】

エネルギーヴァンパイア対策しようぜ【被害者意識のステージ】

幼少期から大学まで『光の記憶』編【はらひろ今昔物語】

なかなか抜けられない!人生闇(病み)期からの脱出が最難関!?『欲望のステージ編』【はらひろ今昔物語】

フルボッコ人生から自己責任で生きてやりたいことをやり出す人生へ『欲望のステージ』【はらひろ今昔物語】

本音に従い生きていくのも怖い!? 実力を磨け!『自己実現のステージ編』【はらひろ今昔物語】

個人コンサルティングカテゴリの最新記事