豆乳ヨーグルトの作り方【シャトルシェフ】

豆乳ヨーグルトの作り方【シャトルシェフ】

タネ菌不要!

 

豆乳にヨーグルトを混ぜるだけ!

 

とっても簡単な豆乳ヨーグルトの作り方をご紹介します。

 

本当に簡単です(^_-)-☆

目次

作り方

鍋でお湯を沸かして煮沸消毒します

 

器が汚れていると、手作りヨーグルトがピンクになって品質が大変あやしくなります。

 

煮沸という最初のヒト手間が大切です。

 

お鍋で沸かしたお湯を使ってヨーグルトの保存容器も煮沸消毒しておきましょう。

ヨーグルトと豆乳を用意します。

 

最寄スーパーで手軽に買えるヨーグルトと豆乳を選びました。

 

品質にこだわるなら、有機飼料を与えられ、抗生物質なしで育てたれた牛から絞った牛乳を原料としたヨーグルトを探しましょう。

(そしたら、タネ菌を買うほうが楽チンかもしれませんね!)

 

国産・有機栽培の豆乳もあります。

豆乳を注ぎます

 

ヨーグルトが溶けるまでかき混ぜます

 

ヨーグルトが固まっていて困ることもないですが、キレイな豆乳ヨーグルトをつくるなら、しっかり混ぜましょう。

45℃まで加熱します

 

高温で加熱すると乳酸菌が死んでしまいます。

 

温度計があったら便利ですね。

 

ヨーグルトメーカーがあれば温度を簡単に設定できます

シャトルシェフに入れます

 

シャトルシェフがあれば簡単に保温できます。

 

普通の鍋を使うなら、毛布にくるんだりして保温しましょう。

 

冬であればコタツに入れるのも◎

2〜3時間後

 

完成!

 

しっかり固まります。

 

豆乳はマグネシウムが豊富です。

 

豆乳の栄養と、発酵食品であるヨーグルトのイイとこどりができます。

 

コストパフォーマンスも良いので、豆乳ヨーグルトで健康生活を始めませんか♪

 

カテゴリの最新記事