【エネルギーヴァンパイア対策しようぜ】

  • 2019.02.15
【エネルギーヴァンパイア対策しようぜ】

継続グルコンやっていていたら、どうや、メンバーに「エネルギーヴァンパイア」がやってきた模様です。

 

 

やつが来ると

「エネルギーが上がってきたんだな(´^д^` )」と人生好転前の指標になりますが、肝心のエネルギー(やるき、情熱など)を奪われてしまっては人生を好転させる上で邪魔者です。

エネルギーヴァンパイアとは

✅愚痴をこぼしたり

✅悪口を言ったり

✅熱が出た投稿したり

✅ドヤったり

あの手この手でヒトから賞賛、時間、集中力労い、優しさ、援助とか、諸々ひっくるめてエネルギーを奪う人の事のあだ名ですね。

 

 

 

例えば

体調不良、落ち込む、疲れた、などすれば誰しも

気分が落ちたりやる気がなくなったりするんです。

 

 

 

すると、

✅「聞いてよー😭」と構ってちゃんになる

✅ヤリチン、ヤリマン化する

✅過食する(ジャンクフードに走る)

✅自慢し始める

などなど、

補給の仕方は人それぞれだけど誰かからエネルギーを奪いたくなるんです。

疲れてると誰でもエネルギーヴァンパイヤになりうる

※からだが疲れてない元気な奴もいるよ。

治療家のエネルギーヴァンパイアの対策

治療院に来る方、なんで来るの?って言ったら心身に疲れや不調があるから、というのは多いです。

 

 

ヘトヘトの仕事帰りに治療院にくるなら

「お疲れ様でした」

「頑張りましたね」

「大変でしたね」

みたいなねぎらいの言葉をかけられたら、そりゃ嬉しい♡

 

 

患者さんは、日常生活で、なんか困ってて、それをなんとかしたいから、治療院にくるのですよ。

 

 

エネルギーヴァンパイヤの正体は『承認欲求』だから、

「すごいよね!」

「頼りになる!」

みたいな褒め言葉はもちろん、

「辛かったよね」

「苦しかったよね」

「その痛みを誰にも理解してもらえなかったよね」

とか共感的な言葉をかけて欲しいのです。

 

 

んで、これは単なる『テクニック』で、そういう言葉をかけると、リピート率や指名率が上がりますw

…というクールな目で相手を見られるか?

 

 

言葉を間に受けて、相手のおもーい苦しみに巻き込まれてしまうのか?

 

 

エネルギーを奪おうとする人は無意識だし、エネルギーを奪われる側は無防備だと奪われる

 

 

けど、意識次第で奪われにくくなるのよ(^^)

 

 

治療家あるあるストレス?

「こっちは治そうとしてんのに、患者さんが同情されたいだけで治そうとしていない!」

みたいな愚痴を吐く先生もいますが、

そもそもエネルギーバンパイヤ的な患者さんは口で治したいと言っていることとは裏腹に、無意識。的には治すことではなくエネルギーが欲しいだけ。

 

 

・・・という考え方をすれば、治療家側の『治したいの強要』になってることに気付けるんですよ。

 

 

労いの一言というエネルギーを注入してあげるだけでも、結果、治っちゃう時もあります(^^)

 

 

治療家は治すのが仕事だし、「治したい!」という熱い気持ちがあるは大切なんですけど、治らない方が、なんらかメリットが患者さんにある場合もある。

 

 

そこを汲み取れる柔軟性があると、変にイライラしないで済むんですよね。

 

 

別に弱音を吐いてもいいんだよ〜(*´˘`*)♡

と思えると、別に気にならないんですよねぇ。

 

 

患者さんが求めてるものを治療家が断定してしまうというのは、治療家も未熟だということ。

 

 

だってね、居酒屋にコーヒーを飲みに来ている人もいるんですw

 

 

というわけで、治療家さんは、患者さんのエネルギー状態を意識して、その辺りも飲み込めるしなやかさを持ってみてください。

 

2月15日21時過ぎにはエネルギーヴァンパイア対策(LINEテク!?)という変り種の音声メルマガをお届け!

誰とつきあうか?

どんな人にあなたの時間、情熱、手間暇、お金などエネルギーを注ぐべきなのか?

 

 

その見極めをすることが人間関係のストレスを減らして、人生好転のヒケツでもあります。

 

 

チェックされたし!

カテゴリの最新記事