必ずしも塩分を多くとるから高血圧になるとは限らない? 血圧に影響する食事や原因

その昔、高血圧や脳卒中の原因として指摘された、いまやすっかり「減塩」が板についてしまいましたが、汗をたくさんかく夏場くらいは塩分の摂取を推奨するよう言われるようになってきましたね。確かに昔のような冷蔵庫が無かった時代では、塩漬けにして食べ物を保存することが大事だったはずですが、今時は伝統的な塩辛い食べ物は随分減ってきました。

東京医科歯科大学難治疾患研究所の田中平三教授の研究報告によると、40代の男女2300人を調べたところ、塩分を多く摂っている人の方が、少ない人よりも血圧が低いということがわかったそうです。このような人たちの食生活について詳しく調査すると、

  • 食事のバランスが良い
  • アコールは控えめ
  • 適度な運動をしている

ということがわかったそうです。

偏った食生活、アルコール多め、運動不足…とくれば、当然ながら血圧も高くなりますね。
150711039221_TP_V

調査結果は当然と言えばそうですが治療院での患者さんへの生活指導で

「もし塩分が気になるなら、ナトリウム排出作用があるカリウムが豊富な野菜、海藻、豆類、果物も合わせて食べましょうね」とお話します。

ただし「もやし山盛りのラーメンを食べても汁を完飲したらダメだよ。ラーメン一杯で1日のナトリウムの摂取量超えるもん」と治療院に来る内科の先生が言っていましたが、確かに、いくら野菜たっぷりにして、ナトリウムとカリウムの相対的バランスが取れていたとしても絶対量の取り過ぎは良くないですね。それらを処理する内臓に負担がかかります。

このように、血圧に影響する要因は塩分ひとつだけとは限りません。運動や、全体的な栄養バランスを見て、総合力で健康的な生活を送りたいですね。

では、ここまでお読みいただきありがとうございます。

▼無料メルマガを書いています

\50人以上が登録中/

東洋医学の『養生法』を実践しよう♪ 感情を整え、人生を健康に幸せに生きるコツを不定期配信しています。良かったら登録して下さい。

↓↓↓

無料メルマガを登録する

スポンサーリンク


最後まで貴重なエネルギーを使って読んでくれてありがとうございま。イイネ!シェア歓迎です♪