ストレス解消は飲酒、喫煙、ヤケ食いなんかじゃできない。本当にストレス解消できてエネルギーが高まる○○!

ストレス解消は飲酒、喫煙、ヤケ食いなんかじゃできない。本当にストレス解消できてエネルギーが高まる○○!

どうも、はらひろです。

今回の記事では「正しいストレス解消の仕方」について、

そうそう、これ!

と思う発信をツイッターで見つけたので、その話題について扱います。

この記事を読むことで、効果的なストレス解消が何か?が判ります。

ストレス発散効果の有無についてのアメリカ心理学会(APA)の発表

薬剤師の方、中医学の発信をしてくださる方が多いです。

アメリカ心理学会(APA)が発表したストレス発散効果の有無、という研究について書いてくれています

(原著論文は不明)

ストレス発散に効果がないもの

・飲酒

・喫煙

・過食

・買い物

・映画やTV

・ネットサーフィン

・ギャンブル

ダウン

一言で言うと、依存性があるものが多いですね。

脳内物質のドーパミンが分泌されると、ドキドキ、ワクワク、高揚感、快楽を感じますが、交感神経を刺激します。

興奮するから、一時的にスッキリした感じが出るけど、ドーパミンが分泌されるのは一時的で、ホメオスタシス(恒常性維持機能)により、負のフィードバックが働いて気分が落ち込む時期が数時間以内にやってきます。

しかも、ドーパミンが過剰分泌されると依存性を引き起こし、それなしでいられない状態になります。

ストレス発散に効果があるもの

・運動

・読書

・瞑想

・音楽

・散歩

・マッサージ

ダウン

ひとことでいうと、

『副交感神経を適正に優位にするものが効果的!』とまとめられてました。

運動は激しくてもいいけど、副交感神経を優位にしたいなら、大汗をかかない程度のが良いかと。

極端な例だとランナーズハイは健康的とは言えませんね。

適正に副交感神経を優位にする、と言うのが良いですね。

副交感神経が過剰になれば、免疫のバランスが崩れてアレルギーが出たりします。

Facebookで「そ、そ、それやー!」というコメントをいただきました

Fさんがナイスなコメントをくださいました。

金曜日の夜に飲むお酒は元気を与えてくれるのではなく、土曜の朝の元気の前借りです。むしろ利子がつくので借金と同じです。

ここを強調させてください!

ストレスがちゃんと解消されたか?の指標はコレ

ストレスが解消できる!とは、

体を不調にしたり

気分が落ち込ませたりするような

エネルギーを下げるマイナス要因がなくなることです。

そうするとさっきの言葉通りストレス解消が上手にできていれば
翌朝の目覚めのスッキリ感があるというのがわかりやすい指標となります。

スッキリ感だけでなく、

✔️体に疲れが残らず軽やかに動ける

✔️気分が晴れやかで落ち着いている

つまりエネルギーが高まったような状態になります。

この記事で紹介したようなストレスを解消する方法を実践したときに

あなたの翌朝の目覚めがどうなるか?

エネルギーが上がったような感じがするか?

をチェックしましょう。

ストレス解消!とおもってやった直後は心身のコンディションが良くても、翌日以降に頭痛がしたり、気分が不安定になっていたりして、かえってエネルギーが下がるような状況になっているなら、それはよろしくないってことです。

筋トレや運動のように翌日に疲れや筋肉痛が発生することで一時的に調子が落ちてしまうこともあります。でも、2〜3日もすれば元気を取り戻し、筋肉がついたり肺活量がついたりして、疲れづらくなったりしてエネルギーが上がるような感じになるものもあります。このようなものは、長期的な目で見てやってみる価値が大いにあります(^^)

というわけでストレス解消の方法はどんなことをあなたがしているのか?

もう一度コチラをチェック!

↓↓↓

・運動

・読書

・瞑想

・音楽

・散歩

・マッサージ

こんなこと意識してやってみてください。

そして、

マッサージには鍼灸も含まれるので、ストレスマネジメントで鍼灸を受けてしてみるのもオススメしますよ。

カテゴリの最新記事