あなたがどんな先生・セラピストを選ぶべきか?

今回は利用者さん・お客さん・患者さんがどういう先生を選ぶとよいのか?

を動画にまとめました。

スポンサーリンク

選ぶと良い点3つ

①オキシトシン(愛情ホルモン)の血中濃度が高いヒト
⇒幸せなヒト・口癖

②あなたが打ち解けられるヒト
⇒お気に入りの先生を「指名」

③知識・技術・経験が豊富なヒト
⇒最新情報か?

注意する点2つ

※安けりゃ誰でもいいや(質の悪いお客さんである「傾向」)⇒心身が疲弊した先生・セラピストにあたる⇒①と②に欠ける⇒満足度が低くなる⇒安物買いの銭失い

※患者-先生/お客さん-セラピストにも「類友の法則」 ②は注意

まとめ

漠然と施術を受けるより、どんな先生を選ぶとよいか?を明確にすることでより恩恵を受けることができるのです!

併せて読みたい

オイルマッサージで疼痛緩和・癒し効果が期待できるのは○○ホルモンのおかげ 【動画】
昔から「手当て」という言葉がありますが、どんなにマッサージ器やマッサージチェアが普及したところで、ヒトがヒトの体を直接触れてケアする療法はな...

★お知らせ★ 

 

▼無料メルマガを書いています

心も体も元気になる情報を不定期配信中なので、良かったら登録して下さい

無料メルマガを登録する

最後まで貴重なエネルギーを使って読んでくれてありがとうございま。イイネ!シェア歓迎です♪