陰陵泉(いんりょうせん)にお灸して体の湿邪対策をしよう

陰陵泉(いんりょうせん)にお灸して体の湿邪対策をしよう

✔雨の日はだるい

 

✔調子が良くない

 

 

こんな方がいますが、その原因として自律神経への【低気圧】の影響は有名でしょう

低気圧だと具合が悪くなるヒト向け:対処法はコレ!

 

 

こんな日でも、あなたの体調管理に使える東洋医学の知恵を取り入れてみてください。

 

湿邪対策にも鍼灸

東洋学では【湿邪】という外邪(環境因子)が体に侵入して体がだるくなると考えます。

 

霧雨を浴びると体が冷えるのはわかりやすい例ですが、湿気とは霧雨の目に見えないものだと思ってください

 

 

湿者が体内に侵入したときの体の変化

  • 冷える
  • だるい
  • むくむ
  • 関節痛
  • 胃もたれ
  • 食欲不振
  • 下痢

などの不調を起こします。

特に『脾』という経絡・臓は湿気に弱い性質があるとされます。

 

胃腸(『脾』に近い)が不調は日本独特の湿気を帯びた気候があげられます。

 

 

これらの不調の改善にも鍼灸、とくに灸が効果的です。

陰陵泉(いんりょうせん)

足の太陰脾経に所属する9番目の経穴。合水穴。

部位

脛骨内側顆の下、脛骨内側の骨際、陥凹部。脛骨内側縁を擦上して指の止まるところに取穴。

効果

足の冷え、浮腫、足の冷えからくる下痢、湿気によるだるさ、婦人科疾患、陰部痛、消化器調整、湿邪を追い出す

 

ということで、

湿邪を追い出し、消化器系を元気にして足の冷え、むくみや生殖器のトラブルを改善するツボ
【陰陵泉】にお灸してみましょう((・∀・*)(*・∀・))♪

 

湿気のある日のの不調もツボ療法で乗り切りましょう♪

せんねん灸オフ竹生島150点

新品価格
¥1,666から
(2018/6/3 15:42時点)

お灸の取扱説明書は商品についてますが、動画で知りたい方はコチラの記事もチェックしてください。

お灸のセルフケアへの取りいれ方-注意点・疑問点-【動画】

コチラも合わせてどうぞ

雨でだるう(ヽ´ω`)な日でもシャキッと起きて1日を始めたいヒトにオススメなツボ【陽池-ようち-】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【無料】メールマガジン ねころび通信

CTA-IMAGE ●●●メルマガ登録特典●●●
『最も危険な10大食品添加物』
●●●小冊子プレゼント中●●●


●心と体の健康のお話
●ストレスを減らして健康に生きる為の『流行に左右されない知識』
●エネルギーを上げて楽しく幸せに生きる為の『人生の創り方』をお伝えしていきます。
●治療、各種イベントの先行案内も。

ぜひ、ご登録を♪

東洋医学カテゴリの最新記事