ブログテーマを更新視しました。

嫌いなヒトから学びを得る3STEP:「私たちの共通のテーマはなんだろう?」という切り口

  • 2018.07.18
嫌いなヒトから学びを得る3STEP:「私たちの共通のテーマはなんだろう?」という切り口

どうも、原口です。

 

最近、久しぶりにむかつくヒトと遭遇して、そのお陰で新しい気付きがありました。

 

あなたの目の前に「イラっ!」とする人があらわれたときの対処法について3STEPにわけて書いていきます。

 

対人関係のストレスで肩こりや腰痛が悪化するなどカラダの不調が出てしまう方は必見ですよ~★

STEP1  自己対話

いやなやつが現れたら

 

あいつむかつくんじゃ~! ボケ~!!

 

ってまず素直に感情を吐き出す時期も大切です。

 

 

だって、ムカついたんだもん。

 

あ、感情に鈍感な方もいるので、それを表現できないヒトは

”STEP 0”ということで怒るなり、悲しむなり、しましょう。

 

で、

落ち着いたら他人を責めるターンから

「なぜ私はあいつがムカつくんだろう? そこにどんな思い込みがあるんだろう?」

と自分の思い込みや価値観に注目してみましょう。

 

相手がむかつくんじゃないよ。

 

相手にむかつく「私」がいるんだよ。

 

なんで私は、むかつく!嫌い!って思ってるの?

に向き合います。

1つ1つの出来事に問いを立てる

自分の思い込みに気付けて

「なんだ~スッキリ♪」

 

ってしたヒトはSTEP2に進む必要がないと思いますが、

もし、自分の思い込みに気付けない場合は、別の方法から嫌いな人との出来事を分析してみましょう。

 

たとえば

このムカつく人が目の前に現れたんのはなぜだろう?

コレにはどんな意味があるのだろう?

私はそこから何を学ぶんだろう? 

何のお知らせだろう?

 

こんな切り口を持ってみてみましょう。

 

これをやることで、

「むかつく!」という感情や主観の世界から、

「なぜ?」という思考や客観の世界へ移動できます。

 

これができるとあなたはちょっと冷静な人になれるし、学びを得て成長できます。

 

 

でも、それは私1人だけの進化なので、今回新たに

「おっ、これいけそうじゃない!?」

と私が進めた3STEP目について書きます。

STEP3:相手と私に共通するテーマはなんだろう?

嫌いな人・モノゴトへの切り口・視点・フィルターは沢山持っておくに越したことがないですね。

 

 

とても単純な例は

「相手の気持ちになって考える」

なんて子供の頃に教わりましたよね?

 

 

「私は何を感じているのか? 何を学ぶのか?」

と私を見る切り口と

「相手はどんな気持か?」

という相手の切り口。

 

 

これに加えて

「相手と私の共通のテーマを察する」

という切り口を取り入れてみましょう。

 

 

例えば、

嫌いなのヒトと私の共通のテーマはなんだろう?

 

患者さんと治療家のようなサービス提供者とクライアントの間の共通のテーマはなんだろう?

 

今日イベントに来てくれた人達の共通のテーマはなんだろう?

 

コミュニティのメンバーとリーダーの共通のテーマはなんだろう?

 

こんな切り口を持つんです。

 

 

このフィルターが装着できたら

視野が広くなったり今まで気づかなかったことに気づけるようになるんですよ( *˙ω˙*)و グッ!

 
そのフィルターで他人たちを見たり

自分と他人を見たりしたときに

( ^o^)<うわぁそっかー!!!

と新たな気付きがあるはず。

 

 

「他人は私の写し鏡である」なんていいますが、他人を通して私のテーマに気づく、みたいな感じでしょうか?

 

分かりにくかったらこめんねw

 

私も相手も一緒に成長するの共通のテーマとはなんだろう?

と言うフィルターを使って構造を見抜ければ、

みんなでレベルアップ🔥

 

 

で、

その共通のテーマを相手に伝えるかどうか?

伝えた結果、相手が受け取るかどうか?

一緒に成長できるかどうか?

は別になりますが、

たくさんの視点を持てば持つほど、ヒトや世界から得られる情報が増えます。

 

というわけで、あなたの目の前に嫌いなヒトが現れたときの切り口として

この3STEPを取り入れたらきっと心穏やかな日々が増えてくると思いますので取り入れてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガ【ねころび通信】配信中

ブログでは書けない話
健康に生きる為の『流行に左右されない知識』
楽しく幸せに生きる為の『人生の創り方』をお伝えしていきます。
治療、各種イベントの先行案内も。
ぜひ、ご登録を。

カテゴリの最新記事