【神君伊賀越えのあとにも灸】

絶対に笑ってはいけない伊賀越え24時
と評された!?

大河ドラマ『真田丸』第5話では、

徳川家康が織田信長を討った明智光秀の軍勢や山賊から逃れるため、大阪は堺市から、愛知の岡崎城まで逃げのびた、いわゆる“伊賀越え”のシーンが描かれていました。
新名神高速経由での堺~岡崎間が218kmだそうで、伊賀越えのルートもほぼ同等の距離と考えられます。

敵に襲われつつ、獣道ですらないような険しい山中を歩き、必死に逃げきりました。


第6話ではお灸をうけるシーンが放映されています。

伊賀越えにかかった日数は不明だそうですが、当時徳川家康は41歳。

この年齢でおよそ200キロを踏破できたのは当時の日本人の体の鍛え方としては当然であったのもあるでしょうが、道中でも足三里とかお灸をしてただろうなぁと思ってます( ᐛ )



ちなみに、肩のあたりに乗っけているどでかいお灸は、焼き切るわけではなく、熱を感じたら退けますのでご安心ください♡

というわけで、険しい山道を超えて疲れた体をいたわるのもバッチリ★
日本に昔から伝わるお灸のシンプルケアをい始めてみていかがでしょうか。

せんねん灸オフ竹生島150点

新品価格
¥1,666から
(2018/6/3 15:42時点)

お灸の取扱説明書は商品についてますが、動画で知りたい方はコチラの記事もチェックしてください。

お灸のセルフケアへの取りいれ方-注意点・疑問点-【動画】
こちらの動画では お灸をするときに気をつけることや患者さんからいただいた疑問点について回答しました。 ...

▼無料メルマガを書いています

\50人以上が登録中/

良かったら登録して下さい。

↓↓↓

最後まで貴重なエネルギーを使って読んでくれてありがとうございま。イイネ!シェア歓迎です♪