ずっと引きずる暗い感情を緩和したい人に試してほしいツボ【少商-しょうしょう-】

5月は脱力をテーマにメルマガ配信しています

緊張しやすい場面はいろいろありますが

その中のひとつは

告白

サッカーのPK戦

ピアノの発表会

など「ここ一番」というときに緊張しやすいのです。

というのも「よい結果を出したい」と思うものなら、逆の「良くない結果に終わりたくない」という失敗への恐れが出てきます(予期不安)。

そうして「失敗したらどうしよう」「負けられない勝負だ」などと思ってしまったら緊張しやすいわけですが、これは未来のことをおもっているようで、実は「過去の失敗体験を想起して未来も失敗したらどうしようと考えている」ことが背景にあります。

ずっと引きずる暗い感情をツボで緩和する

もし、明確にあなたが

  • 過去のことで引きずっていることがある
  • 過去のことを思い出して落ち込みやすい
  • 人には言えないようなトラウマがある

こんなことが思い当たるなら

予期不安が生じやすいかもしれません

過去のトラウマが引き金となって

緊張を起こす原因になるのは

精神領域ではあるあるです。

あまりにも辛い過去は、

記憶の奥底に封じられ、

普段は思い出すことがないのですが

何かのきっかけで突然思い出したり(フラッシュバック)

原因不明の感情の動揺を伴ったりします。

これを解消するために

「過去の再定義をする」

「パンドラの箱を開ける」

「過去のトラウマと向き合う」

なんて言葉をどこかで見たことがあるかもしれません

過去のトラウマが原因で生きづらさを感じているのであれば

向き合ってその意味を再定義するのがオススメです。

そして過去の再定義をするのも大事なのですが

引きずっている過去を解消するのと

同等に大事なのが

《普段の精神状態》

\\\\٩( ‘ω’ )و ////

普段の精神状態が安定していたら

過去のトラウマとかあっても

ぶっちゃけ、顔を出しません。

一番大切なのは《今》です。

今、幸せだったら過去の辛い出来事って思い出さないし

思い出したとしてもわりと勝手に

「あの経験があったお陰で今があるんだな」

って再定義できます。

過去の再定義をするから今が幸せになるコース

もありますが

今幸せだから過去が再定義できるコース

というのもあります。

どっちでもいいですね。

過去のトラウマや悲しい出来事を思い出したり

それが原因で落ち込むとか

心が弱っているときに表出するんです。

この暗い気持に引きずられない

《気にしない心》

《過剰反応しない鈍感力》

をツボを刺激して体からつくっちゃいましょ~★

手の太陰肺経絡【少商-しょうしょう-】

親指の爪にある肺の経絡の最後のツボです。

揉んでもいいですし、爪楊枝のようなとがったものを使うと押しやすいですし、お灸で刺激するのももちろんOK

少商は花粉症にも効くツボですが

アレルギーも花粉症も免疫の

《過敏反応》からくる症状です

少商を刺激することで

肉体の過敏反応だけでなく

精神的な過敏反応=不安・緊張も

軽くなっていくので

このツボを使って過去のトラウマを気にせず

引きずられない心を作ってください。

お灸をしてジワ~っと熱を感じているとき

ツボを押してズ~ンと圧痛を感じているとき

そんなときは《今ココ》を感じている瞬間です

しっかり味わいましょう(^^)

せんねん灸オフ竹生島150点

新品価格
¥1,666から
(2018/5/25 20:18時点)

▼無料メルマガを書いています

\50人以上が登録中/

良かったら登録して下さい。

↓↓↓

最後まで貴重なエネルギーを使って読んでくれてありがとうございま。イイネ!シェア歓迎です♪