灸術の語源を紐解く〜お灸するほどに壮健になっていく~

灸術の語源を紐解く〜お灸するほどに壮健になっていく~

【灸術の語源を紐解く〜お灸するほどに壮健になっていく~】

 

今回はお灸の基礎知識

お灸には様々な言葉がありますが、そのコンテクストを知り味わうことで、

✔誰が受けたらいいのか

✔どんな変化を期待できるか

といったこともざっくりわかりますし、

より一層お灸の効果が高まります✨

お灸の原料は植物の蓬(よもぎ)

それを加工したものが艾(もぐさ)であり、

艾を捻って三角錐に形狀を整えたものを艾炷(がいしゅ)と呼びます。

 

そして、艾炷に火をつけて温熱で人体を刺激するものが灸(きゅう)です

 

炷とは「火の柱」という意味です

お灸の単位は【壮-そう-】

で数えますが【壮健】の壮であり、

1壮(いっそう)、2壮(にそう)…と

据えるえるごとに

身体が壮健になっていく、

という意味が込められています。

お灸を据える

お灸は乗せるとか置くのではなく、据えます。

 

据える、とは《腰を据える》という言葉の意味を見るとわかりやすいですが、

  1. どっかりとすわり込む。すっかり落ち著く。
  2. 一つの事に全力を集中させる

 

 

このことから、

適当に体に艾炷を乗せて

グラグラするのではなく、

安定させるようにしっかり置きます。

 

しっかり据えられると、

体の側面でも

艾炷がくっついて落ちません( ´ ▽ ` )

 

《お灸を据える》はきつく懲らしめる、戒めることに意味が転じてるように、昔のお灸はやけど療法ということで、ハードプレイだったわけですが、現在は研究が進んで、気持ちいい~お灸で体の反射を引き出せることがわかってきています。

お灸の壮数はどれくらいか?

ちなみに、

何壮据えるかは患者さんの体力や

感受性により変わりますが

原則は【奇数】です

 

奇数=陽、数=陰と考え慣例的に御祝儀も奇数で渡しますね

 

 

  • 偶数は割り切れて安定して静的な要素が強い・・・陰
  • 奇数は割り切れず不安定で動的な要素が強い・・・陽

と考えます。

 

 

陽の気(熱)が強いお灸を、

陽の数だけ据え、

より陽のエネルギーを強化する

 

みたいなイメージですね

 

お灸にまつわる言葉を紐解いてわかること

✔体を壮健にする

✔落ち着く、安定する

✔1つのことに全力を集中させる

✔陽のエネルギー

みたいな意味が言葉に込められているのです( ´ ▽ ` )

 

 

このことから

✔虚弱体質を改善して体を強くしたい人

✔イライラ、クヨクヨしやすいから精神的に落ち着きたい人

✔打ち込みたいことがあるからエネルギーを集中して成果を出しやすい体づくりをしたい人

✔身体が冷えやすいのから暖かく快適に過ごしたい人

こんな方にはぴったりでしょう。

 

 

ということで、レッツお灸♪

せんねん灸オフ竹生島150点

新品価格
¥1,666から
(2018/6/3 15:42時点)

お灸のセルフケアへの取りいれ方-注意点・疑問点-について動画で解説しているのでご興味ある方はご覧ください
↓↓↓

お灸のセルフケアへの取りいれ方-注意点・疑問点-【動画】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【無料】メールマガジン ねころび通信

CTA-IMAGE ●●●メルマガ登録特典●●●
『最も危険な10大食品添加物』
●●●小冊子プレゼント中●●●


●心と体の健康のお話
●ストレスを減らして健康に生きる為の『流行に左右されない知識』
●エネルギーを上げて楽しく幸せに生きる為の『人生の創り方』をお伝えしていきます。
●治療、各種イベントの先行案内も。

ぜひ、ご登録を♪

東洋医学カテゴリの最新記事