外反母趾の治し方:たったの108円でちょろくサポートできる

外反母趾の治し方:たったの108円でちょろくサポートできる

私、何年も前から右足だけ外反母趾だったのですが、2018年3月から急に痛みが強まってきました
運動不足なので?といった理由は定かではないのですが、放置するにはあまりにも痛くて心地よく過ごすのを邪魔します。

こちらでは鍼による外反母趾の緩和の方法について解説してます。

外反母趾の緩和に長反母趾信筋の筋緊張を鍼で緩和する

 

外反母趾になる理由に『親指が使えていないから』というのがあります。

 

筋肉の弱体化⇒指の形が変形⇒本来の理想的な足の形でなくなる⇒足底アーチが崩れる⇒偏平足=土踏まず側に重心が移動=足関節外反

 

という流れがあるのですが、私は右足だけ足関節外反なので、ドンピシャでした。

 

この解決方法が、タオルギャザーで筋肉を鍛えるとか、テーピングで足底アーチを整えるとかいうのですが…

 

 

え~めんどくさい

 

 

私、タオル掴みできるし!

親指と人差し指とで掴むのもできるし!

と自身があったものの

 

なぜ使えてないのだろう?

 

 

という疑問があったのですが、たまたま、解決しました!

靴下で親指が使いやすい・使いにくいが左右される

このことを失念しておりました(´^д^`)

 

では、どういうことか解説していきますよ~。

一般的な靴下

指全体が包まれている、つまりソフトに拘束されているような状態なので、指が動きにくいですね。

 

「靴下を履く=親指もその他の指も使えない」となります。

五本指ソックス

指をしっかり動かすといえば、五本指ソックス。

 

私はこれを履いていても親指がかなり痛みました。

 

(*持ってる五本指ソックスが汚すぎたので素足で撮影)

 

なぜかと言うと、全部の指が使えるからこそ「相対的に親指を使っていない」ということになり、

では、何がベストかと言うと・・・

足袋型ソックス

足袋でもいいですw

 

人差し指から小指までは通常の靴下と同様にやんわり拘束気味。

 

しかし「親指だけ動かしやすいから親指を使った歩き方に自然となる」のです!

 

つい先月から、インテリアや持ち物など和風に統一しようとしているところで、100円ショップに寄ったときにたまたま足袋型の靴下が目に入り「買ってみよう♪」

という軽い気持で購入したのですが・・・

履いて歩いてみたら、親指の痛みがあまりないことにすぐに気づきました。

 

で、足袋型ソックスを履いて2回目でこの記事を作成しましたが、歩きながら自分の足元を見て、右足の足関節が外反していない=土踏まず側に足が倒れていないことに気づいたからなのです。

 

早い。

 

ラク。

 

安い(108円)。

写真比較

左側が約1ヶ月前に撮影した写真。


足の角度が完全に一致してる訳では無いのですが、右側の写真の方が微妙に親指のMP関節(外反母趾で出っ張る関節)の角度が和らいでいます。

 

写真じゃ移りにくいけど、体感で

こりゃ全くもって違うわ(`•∀•´)✧

と感じたうえ、足底アーチが潰れてないのが目視出来たので、また100円ショップに行きました(´^д^`)

ということで、外反母趾でお悩みの方は足袋を試してみてはいかがでしょうか?

カテゴリの最新記事