あなたが『一日たったの5分』の時間を捻出するにはどうしたらいいか?を考えられますか?

アイキャッチ画像にしたような『台座灸』って、やるのがとっても簡単です。

  1. ツボの位置を知って、
  2. 見つけて、
  3. 置くだけ、

簡単3STEP★

台座灸1個が完全燃焼するまでに5分くらいかかる

この5分の長短は、どうあがいても、『たったの5分』

不妊症の患者さんにはとくにセルフ灸を薦めるんだけど、

  • 忙しいから一日の中で時間が作れない
  • 忘れてて出来ない

そういうフィードバックをする人が必ずいるわけ。

そうじゃなくて、

『その5分を捻出するために何か余計な時間を削れないか?』

『忘れるから思い出すような工夫は何かできないか?』

とか自分で考えろって話ですよ。

本気の本気で5分を捻出できません(><)

みたいなライフスタイルをやってるんだったら、

あなたこの先、過労死しますよね?

そりゃあ、お灸してる場合じゃない。

ライフデザインしましょう!

生き方そのものを見直し、変えるというダイナミックなことをやるべきです。

でもね、お灸をするたったの5分の時間が捻出できないヒトが、そんなこと、出来ますか?

お金を稼ぐだろうが、独立するだろうが、恋人を作るだろうが、どのジャンルでも、

  • 『できない話』を語るヒト
  • 『どうやったら出来るか?』ということを考えて、実行する人

どちらが結果を手にできますか?

ってことです。

お灸をするときのオススメはお灸に集中することだけど

テレビとか、スマホとか、PCとか、読書とか、

やろうと思えば『ながら』でできるのよ。

変化には、大きなエネルギーが必要

そのエネルギーを高める手段として、お灸はかなり役に立ちますよ。

『お灸をする5分の時間を作る』

すらできないヒトは、

過去の延長線上を歩み続けるよね。

今回の記事はきらきらの出だしから始まり、辛らつな内容に変わりましたがw

できるヒトには共感されるし、できない言い訳を重ねるヒトにはさぞかし心地の悪い記事でしょう。

あ、私の来て欲しいクライアント像として『出来ないことより、できることを考えて、行動できるヒト』と明確なので、そのような方に共感してもらえると嬉しいです。

うん、やはり。

  • 「できないヒト」は「できないこと」を語るし
  • 「できるヒト」は「どうやったら出来るか」を語る。

違いをもたらす違いとは?

意識とか考え方の違いです。

あなたができるヒトになりたいならば、ぜひ『どうやったらできるか?』を語るのをオススメしますね。