甘味や小麦を避けたら病気になるはずがない。あなたは日頃なにを食べていますか?

原口です。

今回の記事の見出しは強めの表現です。

私の両親は60代で、なかなか元気です。

「みんなこの食事をしてたらかなーり病気のリスクが減るよね」

と思ったのは私の実家の手作りごはん∑(゚Д゚)

アイキャッチ画像に使ったのはチヌのカルパッチョ。

チヌとは、タイみたいな魚です。

両親が食べている食事をまとめると、

★飲み物は基本的に水、麦茶、お茶、コーヒーと甘いものはとらない

★食事は和食中心で旬のものを取り入れる(家庭菜園があるので有機栽培した採れたて野菜もよく食べている)

★間食やデザートは、果物、まんじゅう、蒸かし芋

記事に使った写真4枚は私が実家に記載した時の夕ご飯の1例。

旬の食材としてはチヌ、菜の花、つわ、たけのこが入っています。

最後の串揚げととんかつだけは揚げ物なので頻繁に食するのはオススメはしませんがw

私が帰省すると何かしら肉の料理を用意してくれます。

これの真逆をいく、パン、グラノーラ、シリアルで済ませる、お菓子が主食なんて不調の元です。

こういう食事は栄養価ぎ低いのに、想像以上に消化にエネルギーを使います((((;゚Д゚)))))))

こういうのをやめて和食に変えて元気になったって人は、意外といたりします。

というわけで、心身が停滞している方、今、何を食べてますか?

旬の食材を意識した手作りご飯を食べましょう。