【お灸をするのはいつが効果的ですか?】

鉄板の質問があります。

結論から言うと、基本的にどの時間帯でもOK

でも、時間帯というより、

このときは避けてね、という条件があります。

★お風呂の前後30分ほど☞お風呂で皮膚が柔らかなった結果、刺激過多になるかも

★飲酒の前後☞血流が良くなってお酒が良く回る

食事の前後は避けて、とも言われますが、これは

体に変化があるとき(入浴も飲酒も同様)は避けてね、というものです

ですが、安全性に問題があるか?とうい点ではそうではありません

なんせ、消化・吸収を促進するツボや経絡があるので、むしろやる方が良いです。

胃経、脾経、胆経、肝経などあります。

お灸をする状況として、例えば、

★ストレスで空腹感を感じなくなりやすいヒトは、お灸をしてリラックスして内蔵の動きを活発にしてからご飯を食べる

あるいは

★食べ過ぎてお腹が苦しいとか、食べてみたら胃がもたれてしまった、こんなときにお灸をするとお腹が楽に過ごせる

私はたまにこのケースで食事の直後にお灸をします

また、飲酒の前後NGといっても、

★肝機能を高めるツボにお灸をしておけば、二日酔いになりにくくなる

こんなことから社長さんとか飲みにケーションが活発な方は、

「これから飲みにいくよ!」

というその前に鍼灸治療を受けに来ます。

そうした方が、翌日に元気に過ごせるという実感をお持ちなんですね。

二日酔いになったとしても頭痛とかむくみとかすみやかに解消するのにもお灸は使えます。

どんなときに、どんな目的でお灸をするのか?

こういうの体調管理は経験を要しますが、

とりいれるなら、

★まずは1個だけお灸をする

というところから始めてみてください。

せんねん灸オフ竹生島150点

新品価格
¥1,666から
(2018/3/26 19:26時点)