賢いヒトほど自分の無知を認める

自分があるジャンルにおいては知識不足であることを素直に認めてしまうということは、ヘタをすると周囲から「あいつはそんなことも知らないのか」と馬鹿にれたり呆れられたりしまう可能性もあります。

「このヒトは賢い人だな~」と周囲から認められる人は、自分が知らないジャンルに関しては素直に無知を認めます。

あるいは、「ここは詳しいけど、ここは詳しくない」という、自分が何を知っていて、何を知らないのかを話せます。

隠すことなくさらけ出すことによって「謙虚な姿勢の人だな」とさらに周囲の評価を高めています。

逆に、無知で見栄っ張りなヒトは知ったかぶりをして、馬脚を現し評判を下げます。

おばかな人でも、周囲に質問できる人は成長します。

というわけで、賢いヒトほど、自分の無知を認めている。

成長する秘訣はつまらない恐れや自分を賢く見せようとする見栄を捨てて、知らないものは知らないと明らかにして、質問してどんどん知識を吸収していくこと。


《限定情報・最新情報をお届け★ブログの感想・質問はLINE@からも受け付けています》

あなたの疑問がみんなの役にたつ(∩´∀`∩)

お気軽にご登録ください。

↓↓↓

友だち追加

 

最後まで貴重な時間を使って読んでくれてありがとうございます。