ミトコンドリアを自分で活性化する意外なコツ

ミトコンドリアというのは酸素からエネルギーを作り出してくれる細胞内の小器官。

ミトコンドリアの活性度が卵子の質を左右する
アメリカで不妊症の患者さんの卵子の質が改善したという報告がありましたがそこで鍵を握っているとされるミトコンドリア。 ミトコンドリアとは...

コチラの記事でも扱っていますが、妊活でも重要ですし、それ以外の全般の健康に大事です。

ミトコンドリアを活性化させる方法についてツイッターにいくつかつぶやいております。

今回はキュレーション記事です。

鍼灸治療で【補氣】という考えがありますが、

鍼灸の効果のうち、

  1. 酸素飽和濃度を高め、血流を改善する。
  2. 活性酸素の発生を抑える。

主にこの2点でミトコンドリアによるATP産生を活発化=補氣と考えられます。

補法とは「補氣をする方法」です。

ミトコンドリアのつぶやき

温かくしよう

口呼吸だと、最終的にミトコンドリアが栄養を「外邪」に奪われてしまう

酸素を吸えればなんだって言い訳じゃない!

みなさんは、口からじゃなくて、「鼻から」呼吸できていますか?

この違いが、ミトコンドリアの活性化を左右してしまうのは、免疫と関係があるのです。

お風呂に入るのは温まるだけでなく重力からの解放が大事

咀嚼とミトコンドリア

鍼灸で「脾胃」=消化器官の調整をして栄養の吸収を高めます。

後天の精=飲食物がそもそもの「補氣」の源です。

まとめ

唇が荒れていたらミトコンドリアの活性度が低いかも!?

鼻呼吸はちょっとしたコツで改善します。

上にも書きましたが、鼻づまりする方は生理食塩水で鼻うがいをしてください。

スポイトやスプレーを使うと簡単に鼻腔を湿らせることができます。

アレルギー性鼻炎で鼻づかりするから口呼吸になってしまいますが、鍼灸や鼻うがいで鼻呼吸が出来る状態をつくり、口呼吸をやめれば、鼻呼吸が出来る本来の体になり、免疫異常が改善する嬉しい効果も期待できます。

《無料メルマガも書いています》

ブログを読んで興味をもってくださった方は良かったら情報を受け取ってください。

《ブログの感想・質問はLINE@からも受け付けています》

お気軽にメッセージをどうぞ。
友だち追加

 

最後まで貴重な時間を使って読んでくれてありがとうございます。