飲み物×体外受精の研究から見えてくる砂糖断ちをすべき理由とは

飲み物×体外受精の研究から見えてくる砂糖断ちをすべき理由とは

カフェインやアルコールの研究は盛んになされていて、飲みすぎなければ影響はないという報告があったり、少量でも影響があるといわれたり、結果が分かれます。

男性がカフェインを摂取すると女性パートナーの流産率が上がる

妊娠中・授乳中はカフェインを摂取してはいけないのはナゼ? 妊活中の方も必見

今回は、砂糖入り清涼飲料水と体外受精の結果について紹介します。

イスラエルのでテルアビブ大学とアメリカのハーバード大学の共同研究チームの研究

カフェインは体外受精の成績に関連しなかったが、砂糖入り清涼飲料水は妊娠率や出産率を低くするかもしれないという研究結果を発表しました。

被験者

テルアビブ大学病院で体外受精をおこなう患者340人。

方法

被験者にアンケートし、飲み物の種類と頻度について調査。

結果

患者には、コーヒー、エスプレッソ、紅茶、ホットチョコレート、ソーダ、栄養ドリンクなど14種類の飲みものを飲む習慣があった。

カフェイン単独

1日の総カフェイン摂取量(0-816mg)やコーヒー摂取量(0-10杯)は体外受精の成績に関与しないと判明。

カフェイン×砂糖

カフェイン入りの紅茶、砂糖入り清涼飲料水、栄養ドリンクなどを飲む習慣のある女性は、成熟欄や受精卵の数が少ないことが判明。

特に、栄養ドリンクを飲む女性は、飲まない女性と比べて、採卵数が、4.4個、成熟卵数が2.9個、受精卵数が1.6個少ないと判明。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”aikon.jpg” name=”はらぐち”] つまり、卵子の質と数に影響する、ということ。

[/speech_bubble]

砂糖入りの清涼飲料水

砂糖入り清涼飲料水だけは、妊娠率や出産率に影響する。

砂糖入り清涼飲料水を飲む習慣がない人と比較すると

  • 1日0.1-1杯飲む女性は、出産率が9%低い
  • 1日1杯以上飲む女性は、出産率が13%低い
妊娠率でも同様の結果。

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”aikon.jpg” name=”はらぐち”] 0.1杯って…シビア![/speech_bubble]

 

ちなみに、妊娠率が10%前後下がるのは、年齢プラス5~10歳くらいの威力があります。

砂糖入り清涼飲料水には

コーラ、缶コーヒー、スポーツドリンクなど写真で見たら一目瞭然!

かなりの量が入っていますね。

空腹時に飲むと、高血糖→高インスリン状態になる

 

体質により、インスリン抵抗性(*排卵障害の一因)や糖の代謝異常をまねき、これが、胚の育成阻害、卵子の質を低下させ妊娠が困難になります。

糖化は老化の一因になります。

 

糖の代謝異常は、鍼灸や運動療法でも改善することが出来ますが、食事の改善も同時におこなった方が、効率がいいですね。

あなたの当たり前の習慣は不健康習慣!

私も甘いものを食べたり飲んだりしますよ~。

 

お菓子や揚げ物、加工食品など、高血糖になれば、卵子の質の低下を招く可能性はあります。

 

夜、寝る前にアイスとかポテチとかお菓子を食べるのも不妊あるあるで、消化に負担をかけからだに良くない習慣ですね( ´ ▽ ` )!

 

この辺は、残念ながら?きっちりかっちり自業自得です

年齢別の妊娠率、出産率、ART成功率

【妊娠の基礎知識】年齢を重ねるごとに妊娠しづらくなる理由【動画】

体に良いことをやるのと同時に、体に良くないことを辞める

生活習慣や食事のの見直しをしつつ鍼灸治療を受けると、ぐんぐん体が変わりますよ。

 

治療家ができること&あなたが出来ること、一緒に取り組んで体を変えていきましょう(^∀^)

 

果糖が現代病を予防する―砂糖にかわる奇跡の天然甘味料

>>>Amazonでチェックする

 

こちらもどうぞ

タバコもね

タバコを吸っていて子どもが欲しいと思ってる女性が知るべきこと

カテゴリの最新記事