妊娠初期にお尻に痛みや違和感を感じるのはなぜ【解説】

関連記事

妊娠初期にお尻の奥が痛い女性への鍼灸の施術例
痛みが出てしまうメカニズムについて詳細はこちらから ↓ 妊娠初期(胎嚢確認したところ)の20代前半の女性が、2週...

妊娠すると女性の体には様々な変化が起きます。

腰に痛みを感じると、それが妊娠による痛みかどうかの区別がつきづらいですが、尻餅をついたわけでもないのに、

「お尻の奥の方が痛い、違和感がある」

「尾てい骨(お尻の下側)が痛い、違和感がある」

となると、ヘンだな、と気づきやすいですね。

実は同じような症状を抱える方が沢山います。

この理由はなぜなのでしょうか?

仙腸関節の靭帯を緩めるホルモン・リラキシン

妊娠すると様々なホルモンを分泌しますが、そのうちの1つ「リラキシン」。

お尻には「仙腸関節」という関節があり、リラキシンはこの関節の靭帯を緩めて骨盤を広げるのです。

そうすることで骨盤を広げて赤ちゃんの通り道を作るのに役立ちますが、このとき仙腸関節周辺にある筋肉が引きのばされます。

仙腸関節の近くにある尾てい骨も含めて周りの筋肉が引きのばされるので「お尻の奥が痛い」とか「尾てい骨が痛い」と感じるのです。

お腹が大きくなって骨盤が開いてくる妊娠中期以降や産後にも、同じようにお尻の痛みを訴えて来院する方さんがいます。

痛み方には個人差がある

「2人産んでもまったく痛くなかった」

「私も痛かった!」

「夜、寝るときに、痛みのために寝返りをうつこともツラくて…」

このように個人差があるのは、もとから仙腸関節にズレがあったり、ズレさせる体の使い方をしていたことで、リラキシンがこれらを助長したと考えられます。

仙腸関節のズレで痛みが起きる

妊娠に限らず、

椅子に腰掛け仙骨座りをすると痛い

椅子から立ち上がる時に、痛みが強まる

このような特徴が仙腸関節障害には見られます。

無理な姿勢や過度なスポーツ・普段の偏った癖や習慣・出産により骨盤にストレスがかかることで仙腸関節に機能異常が起こります。

仙腸腸関節は数ミリ動きますが、大殿筋、腹筋、脊柱起立筋、ハムストリングス、大腿二頭筋、大腿四頭筋といった周辺の筋肉が関係します。

これらの筋肉にアプローチして骨盤・仙骨・股関節の可動域を改善するようことで、仙腸関節痛を解消することができます。

対処法・セルフケア

やること 靭帯を温めると動きが良くなるので入浴やお灸がオススメです。

辞めること 脚を組む、片足だけに重心をかけて立つ、など仙腸関節のズレを助長するクセはできるだけ控えます。

妊娠中でも健やかに過ごすために

自分で対処してどうにもならなければ、鍼灸はオススメです。

さらに、妊娠中のマイナートラブルは初期のお尻の痛みだけではなりません。

つわりが出たり、足がつったり、胃が圧迫されたり、おなかが大きくなるにつれ、一個一個は些細でも様々な不調が現れます。

薬をつかいづらい大切な時期だからこそ、自然に体調を整える鍼灸で体のケアをして安産に向けて元気に過ごしてください。

関連記事

↓↓↓妊娠初期のお尻の痛みの緩和に鍼灸を試してみてはいかがですか?

妊娠初期にお尻の奥が痛い女性への鍼灸の施術例
痛みが出てしまうメカニズムについて詳細はこちらから ↓ 妊娠初期(胎嚢確認したところ)の20代前半の女性が、2週...

妊娠中のマイナートラブル

産後のマイナートラブル

《無料メルマガも書いています》

ブログを読んで興味をもってくださった方は良かったら情報を受け取ってください。

《ブログの感想・質問はLINE@からも受け付けています》

お気軽にメッセージをどうぞ。
友だち追加

 

最後まで貴重な時間を使って読んでくれてありがとうございます。