コリや痛みの【原因】と【結果】が、同じ部位にあることもあれば、違う部位にある時もある

今日は、施術日記です。

【首の前側(斜角筋)のコリ】が強い女性患者さんのマッサージ♪をしました。

この方は日記にしようと思うほど好例だったのだけど、局所の筋にアプローチしたら右側はすぐに緩んだけど、左側がなかなか緩まなかったんですね。

で、胸元と腕のコリとか圧痛とか確認したら、左だけ強く感じる部分があった!

そこは「あーここが原因ですね」というところ(*´ω`*)

で、

そこをほぐしたら、首を触らずに首のコリが取れてふわふわになった(*’ω’ *)

(触ってビフォーアフターを確認してもらった)

この【局所を触らずに離れたところから筋肉を緩める】ってのをやると、100%感激してくれます。

この方が、なぜ右首は局所の刺激でほぐれたけど、左首は離れた部位に原因があったか?まではわからなかったけど(´゚ω゚):;*.:;w

局所を刺激してなかなかほぐれないしつこいコリは、離れたところをほぐすことでさくっとほぐれるケースもある!ということ。

つまり、

【原因】と【結果】が同じ部位にある時と
異なる部位にある時があるのです!

ツライところさえ揉んでくれればそれでいいよっていう考えのお客さんは、このやり方か満足しないかもしれない。

私もう施術を受けるからクライアント側の気持ちはわかる。

やってもらってきもちいいのは、コリが発生しきる局所なのである。

だから、格安リラクゼーションなんか行くといいよね。
でも、治るとかか治療効が持続するやり方を、追求する、離れたところにアプローチすることもある!

ということで、体について深い知識を治療家がも持ってること求められます。

そして、ひ痛みやコリ引き起こす原因がどこにあるのか?をきちんと見分ける【検査】や【触診】が大切なんですよ!

★だだいま情報は無料メルマガを中心に発信中。

じわじわ登録者が増えてます(ノ´▽`)ノ♪

「いつも素敵な情報がくる」

「書いてあることを実践したら元気になった」

「固過ぎもせずふざけすぎもせずの塩梅なのでするするーっと読める」

と好評です。

 

★緊張しやすくて脱力しにくい方は必見★

5月は脱力をメインテーマに配信中。

興味がある方は登録しておいてください

↓↓↓

▶公式メールマガジン【ねころび通信】の読者登録をする

 


★秘密の1対1トークができてコミュニケーションがとりやすいのがLINE@の魅力! ご質問・感想もお気軽に↓↓↓

友だち追加

最後まで貴重なエネルギーを使って読んでくれてありがとうございま。イイネ!シェア歓迎です♪