過去記事を検索

自転車のハンドルを握ると親指が痛い【鍼灸 】

出張施術日記です。

女性患者さんの訴えで、肩こり腰痛などもお持ちですが、自転車に乗るときに、ハンドルを握ると親指が痛くて気になる、というものです。


この患者さんは、もともと仕事上キーボードを打って親指が痛いと感じていたようですが、それが日常生活でも痛みが出るようになり、気になってきてのですね。

スポンサーリンク




母子内転筋に鍼

画像では鍼先が見えづらいので、画像に矢印を入れました。

痛むところは親指の関節部分ですが、その痛みの原因としては『硬くなった筋肉が付着部を引っ張る→摩擦ストレスが発生→痛くなる』という流れがあります。よって、痛いところより少し離れた筋肉の部分を刺激する方がうまくいくことが多いです。手のひらそのものに鍼をすることは滅多にありませんが、このように手の内在筋(手関節をまたいで腕のほうに筋肉が入っていない筋肉)に痛みが出ている場合は、このようにはりをすることがあります。

この痛みがなくなるのに、3回の治療回数を要しました。

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《LINE@で質問・感想も「無料で」受付中》
LINE@でのトークは1対1なので気軽に話しかけてください(^∀^)
あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)⇒LINE@の過去の配信や相談はコチラ

《こんなことに思い当たりませんか?》
□気を遣いすぎて気づかれしてしまう。
□仕事が終わるとクタクタ。
□寝落ちして体が休まらない。
□朝起きるとダルくて疲れが抜けていない。
□体になにか良いことをしようと思うけど、どうしたらいいかわからない。

《LINE@でエネルギーマネジメントのコツを不定期配信中》
エネルギーマネジメントをするとこうなります★
□体力を温存できるからできることが増える
□朝すっきりと目覚めて気分が良く1日が始まる
□やる気が湧いて行動力が出てくる
□自分がやりたいことにエネルギーを注げるから人生が充実する
□ちょっとした元気になるコツを知ってすぐに実践できる

《登録無料・解除2クリック!》
エネルギーの浪費を避け、本当に注ぐべきところにエネルギーを投資する! エネルギーマネジメントをして元気で楽しい日々を送りたい方は、ぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク