過去記事を検索
スポンサーリンク

トランス脂肪は原則禁止の動きへ@アメリカ

アメリカでは何年も前から別に規制が一部はじまっていましたが、全廃の動きに向かうようです。

アメリカで規制される「トランス脂肪酸」、日本でも規制すべきか?
アメリカの食品医薬品局(FDA)が16日、マーガリンなどに含まれる「トランス脂肪酸」の発生源となる油の食品への使用を、2018年以降原則禁止すると発表した。日本の加工食品にも含まれているトランス脂肪酸だが、日本でも今後規制すべきなのだろうか。

トランス脂肪酸とは?

アメリカで規制される「トランス脂肪酸」、日本でも規制すべきか?

トランス脂肪酸には牛肉や羊肉、乳製品などに天然で微量に含まれるものもあるが、規制の対象になるのは、液体の植物油に水素を加えて固体化する過程で人工的に作られるもの。

マーガリンやファットスプレッド、ショートニングに含まれるほか、これらを原料にしたパンやケーキ、クッキーやドーナツなどの洋菓子類、スナック菓子、生クリームなどにも含まれている。

トランス脂肪酸をめぐってはこれまで、世界各国で健康への影響が研究されてきた。

2010年の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の報告書では、トランス脂肪酸が虚血性心疾患の危険性を高めることや、メタボリックシンドロームや糖尿病、心臓突然死のリスクを増やす可能性が高いと指摘されている。

このため、WHOはトランス脂肪酸の摂取を総エネルギー摂取量の1%未満に抑えることを勧告している。

アメリカでは1994~96年の調査で、成人のトランス脂肪酸の平均摂取量が総エネルギー摂取量の2.6%に達しており、健康への悪影響が問題視されてきた。FDAは今回の決定について公式HPで、トランス脂肪酸の原因油脂の使用は「一般的に安全と認められない」と結論付け、今回の規制により「冠動脈疾患を減らし、毎年数千の致命的な心臓発作を防ぐことが期待される」としている。

日本でも規制すべきか?

トランス脂肪酸の過剰摂取が問題とすれば、日本でも規制をすべきなのだろうか。内閣府食品安全委員会が2012年にまとめたトランス脂肪酸に関する評価書では、海外の研究結果で冠動脈疾患の発症の増加や肥満、アレルギー疾患などが確認されているとしつつ、「現時点の平均的な日本人の摂取量において、これらの疾病罹患リスク等と関連があるかは明らかでない」との立場を取っている。
2008年の農林水産省の調査では、日本人のトランス脂肪酸の平均摂取量は総エネルギー摂取量の約0・5%。内閣府食品安全委員会の担当者は「アメリカと日本とでは摂取量がかなり違い、日本人の通常の食生活では影響はほとんどない」と説明する。現在日本では食品中のトランス脂肪酸の含有量について表示義務もないが、「国民の健康への影響があるとはいえず、すぐ見直す必要はない」とした上で、「企業側が食品の成分を分析したりラベルを変えたりする新たなコストもかかってしまう」と、規制強化に消極的な姿勢をみせる。
一方、内閣府消費者委員会の食品表示部会で委員を務める、JA全農の立石幸一食品品質・表示管理部長は、「国が示している日本人の摂取量は、あくまで平均値。一箱で(総エネルギー摂取量の)1%を超えるお菓子もあるし、若い世代では1%の摂取量を超える食生活をしている人もいる。そういう人たちを放置していいのか」と疑問を投げかける。立石部長は「トランス脂肪酸について日本では危険性がほとんど知られておらず、まずは食品に含有量の表示を義務化することで、消費者自身が選択し、判断できるようにすべきだ」と主張している。

Yahoo!ニュースより 6月20日 7時0分配信

合成の油、トランス脂肪の摂取はゼロ!がベスト

「アメリカと日本とでは摂取量がかなり違い、日本人の通常の食生活では影響はほとんどない」

と日本政府はいいますが、

いくらまでなら摂っても良いという安全基準はありません。

トランス脂肪の摂取はゼロ

これがベストです。

「トランス脂肪の何がいけないの?」
というのに簡単に答えるなら、
食べても生命維持に役に立たない異物である
といったところでしょうか?

病気のリスクを高めるので、役に立たないどころではありませんが…。

体に良くないものだと言っても、私も外食したり加工食品を買ったりすることはあるので、

トランス脂肪の摂取を完璧にゼロにするには自炊100%にする

など食生活の改善が必要です。
何を選ぶのか、食べるのかなんて、だいたいルーチンですから、極力減らすよう試みるのは価値があります。

マーガリンの話題はじわじわ浸透しつつある

治療院の患者さんに「トランス脂肪」というと、

「?」となる方は多いですが、

マーガリン」というと、

「ニュースとかネットとかで体に良くないとは聞いてるので、買わないようにしています」

という反応は2014年あたりからぼちぼち聞きます。

しかし、

「何が入っているか気にしたことがない」

という方がまだまだメジャーです。

マーガリンだけではありませんが、食品添加物など、知らず知らず体が蝕まれていくのも怖いものです。

トランス脂肪はマーガリンだけじゃない

ショートニング、ファストプレッド、加工油脂

このような表記を見かけたら合成の油だと思ってください。

健康○○○とかヘルシー○○○○○とか、

そんな名前の油も合成の油なので、その実態は健康・ヘルシーとは程遠いのです。

健康に害があるからと自主回収をしたこともありますが、いつの間にか普通に売ってますね。

オリーブオイルで、十分ヘルシーだと私は思っていますが…。

海外のお菓子を買うのが安全

例えばソニープラザなどで海外のお菓子を扱っていますねが、

パッケージの裏を見ると、

Fat ○○g

Trans fat 0 g     ※トランス脂肪はゼロ

という表記がある筈です。

5年ほど前に友人からもらったオーストラリア産のお菓子に

Trans fat  ○○g

とは書かれていて、

「オーストラリアのお菓子にはトランス脂肪が規制されていないのか」

驚きました。

Fatとは別にトランス脂肪の含有量の表示義務があるようですが、

トランス脂肪の規制をする国のお菓子なのかどうか、購入する際は表示を見てみるといいですね。

農林水産相のページに日本でのトランス脂肪のあつかいについて、並びに各国での状況を紹介してあります。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。記事を気に入ったらシェアしてください。

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《質問・感想も無料受付中》

あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)
読むだけで心も体も元気になる情報を不定期配信中。サロンの情報・限定情報・最新情報を受け取りたい方はぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
《LINE@登録はこちらから》
おもに体のこと、健康ネタについて配信しています。体が整えば好きなことがやれるし、心も安定するのだ!
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク