過去記事を検索
スポンサーリンク

妊活は暖める?冷やす? 肩甲骨・薄着・靴下重ね履きについて

「妊活の冷やす冷やさない論争」 ←勝手に命名

ってのが在りますので、

今日も思いつくままに書き散らします。

『妊活』は『温活』に通じますが

『体を温めるな、体を冷やせ』という主張もあるのです。

一理あるものから疑問に感じてぶった切ってるものまであるので、長いけど読んでちょ★

体温調機能の衰え

主張を見ると

「暖房ぬくぬくで厚着をしてるような環境で過ごすと体温調節機能が衰えるから!」

ということです。

それは一理ある!

夏でも冷房きかせて「汗をかかない=体温を冷やす調節をしない」

のと同様に、

寒い環境では「ふるえ産熱」みたいな体温を上げようとする調整が起きるもの。

その機能が衰えて体が冷えてしまうのです!

そして、外気温が高いときは代謝が落ちて、外気温が低いときは代謝が落ちます。

例えば外気温が35度の時、36度台の体温を維持するのは簡単で代謝が下がりますが、外気温が5度のときに体温を36度台に維持するために代謝を上げねばなりません。

ほか、暖房ぬくぬくの弊害として、

不妊症の方はなぜかアイスが好きと言う方が半数以上で、

「冬は暖房をがんがんに聞かせてアイスを食べるが幸せ♪」

って言うのですよ。

たまにやるなら良いと思うよ?

私で言うなら、アイスは真夏に2~3個食べるくらいです。

外食したときにデザートでついてた、とかいうのを加えれば通年の消費量って10食を超えると思うんですけど、

アイス好きの方って通年でみると100食は優に超えると思うんですよね。

「深夜のおやつがアイス」って言う鉄板を「一年中頻繁にやっている」ならちょっと待ってほしいなw

体を冷やすと良い説が唱える体の冷やす「部位」

どこでも適当に冷やせば良いわけではありません。

「肩甲骨の間」を冷やす

そこに「褐色脂肪細胞」があり、寒冷刺激を受けることで代謝をあげると言われます。

日常生活なら、水シャワーを背中に当てるのも効果的です。

妊活に有効な部分

代謝が上がる⇒免疫力も上がる・ミトコンドリアが活性化する⇒卵子のエネルギー源になる・性ホルモンの変換が促進される⇒妊活に有効である

と考えられます。

体全体の薄着を励行する説

「薄着=寒冷刺激」で「副腎」が寒冷刺激で強まります。

「なぜ強化されるのかは不明」だそうなので、

「だってそうなんだもん!」の例ですw

一般的に外気温が低かったり、体が冷えたりすると免疫力が低下して風邪を引きやすくなりますが、そのような環境下でも適応できるよう、体に備わった機能なのかもしれません。

寒中水泳とか、わざわざ寒いときに冬の海に行くとかいうあほな行事があるけど、あれをやることで副腎が強化されて、風邪を引きにくくなるという大変有意義な行事です(そして副腎は免疫力に関与)。

でも、副腎疲労のヒトが副腎を強化しようを寒冷刺激を与えたところで、風邪を引くだけかもしれませんね。

妊活に有効な部分

で、卵巣から分泌される性ホルモンって、年々衰えていき、そこを補うのが副腎からも分泌される性ホルモンなのです。

東洋医学的に「腎虚」で不妊症や流産をおこすというのも、副腎や性ホルモンの衰えを指しています(*「腎」は「性」にもまつわる臓器)。

体を冷やすことで妊活に良い、とするなら副腎強化もあります。

下半身を重ね着して、上半身を薄着にする

頭寒足熱が合言葉!

私も「スカートをはくな、スボンを履け、足を冷やすな・暖めろ」

と主張します。

靴下重ね履きも有効です。

が、

これの究極系

靴下を20枚重ね履きしました!

とか記事を読んで

ここからはぶった切り!

「靴下を20枚も重ね履するくらいなら、いっそ筋肉をつけたり運動したら?」

ば○か?

ってジャッジしたことあるよ。

いや、マジごめん。

20~30枚重ね履きをするのが好きなヒト、ここで先に謝っておくよ。

私も重ね履きをやったことがありますが、

最高で4枚。

重ね履き界隈では超絶へたれ級です。

だって締め付けられてきついもんw

それ以上は根性が要ります。

工夫が要ります。

重ね履きをする方は、男性用靴下とか大きいサイズの靴下を履くんだけど、

たとえ締め付けがゆるかろうが、

ゆるい締め付け×20よ?

締め付けで血流低下して冷えの原因にならないのか心配です。

しかも20枚でスタート地点に立てたくらいの勢いで、さらに30枚重ね、40枚重ねといった未知のゾーンがあります。

靴も26センチとか、男性者の靴を履いていたりと、お上手にやっているようですが。

靴下をかさね履きすることで【瞑眩-めんけん-】が起きました?

とかブログに書いてあるんだけど

常々、それって単にのぼせてるんじゃない?

って思ってる。

どうなんでしょう?

のぼせは、体が温まっているのに汗をかいて体温を下げられないときに起きやすいです。

冷えとりのために靴下を重ねばきしようという人は、もともと体が冷えていて汗をかきづらいはず。

わたしが4枚程度重ね履きをすると温かいと感じました。

20枚重ねたら、さぞ温かくて、温かくなりすぎてのぼせるんじゃないかな?

って思ってます。

ちなみに、靴下重ねばき50枚とかそっち方面で高みを目指さなかったのは、私も重ね履きを試して一番これが温かくてラクだと感じたのは

靴下2枚+ヒートテ○ック的な下半身全体を覆うアンダーウェア着用だと気付いたからです。

靴下20~30枚重ねるくらいなら、上記アンダーウェア2~3枚でよくないですかね。

もちろん、脚と足の重ね履きをオススメしている方もいますよ。

絹の靴下はデトックス効果がある?

「脚」ではなく「足」を絹の靴下で暖めることにこだわる場合、「足裏から排毒します」と主張されるだろう。

「排毒している部分は絹が擦り切れます!」

「かかとが擦り切れると生殖器の毒素が出て~」とかいうようです。

この辺はワタクシにはわからない領域です。

私も試したことがありますが「絹の擦り切れやすさ」からすると謎です。

そして、足で体重が乗っかる部分=布が磨り減りやすい部分であり、

猫背で体の後方・踵に重心が寄っているヒトが大半です。

絹とか関係なく、綿の靴下でもポリエステルの靴下でも、お持ちの靴下やタイツはどこが擦り切れますか?

絹の靴下を推奨する人たちは当然ながらそういう重心とか関節の角度がどうとか筋肉がどうとか言う点ではプロではありませんから、その観点からの体の捉え方を見落とします。

私はスポーツ鍼灸をやっていたので、靴・靴下の擦り切れは体の使い方の偏りとか筋力バランス、アライメント異常・O脚・X脚・偏平足とかそういうのをまず疑います。

「アナタの靴下の踵のすり減りは生殖器のトラブルが原因です!」っていったら1時間くらい説教くらう業界出身です。

姿勢改善して重心の位置を整えてから、それでもやっぱり踵が擦り切れるわ!

ってなった時点で真剣に考え始めます。

けど、踵ってそもそも接地する最初の部分だから、理想的なバランスを持っているヒトでも擦り切れます。

土踏まずが擦り切れた!とかなら絹のデトックス効果を考える余地はあるかと思います。

ちなみに、デトックスを謳うんだったら絹に頼らずに、

酵素断食とかすると、足裏以外のところから、全身的に短期間でデトックスできるよ?

酵素断食すると、脂肪肝も、動脈硬化も、そういう不要な脂肪の塊から解消されるよ?

結論

どこを暖めるとよいのか、諸説あり、後半はぶった切っていますが、

どこを冷やすか諸説眺めてわかることは、

スカート履いて末端を冷やせとは誰も言っていない

ということです。

絹の靴下の吸水性のよさ、発散性の良さ、暖かさはすばらしいので取り入れるべきだと考えていますよ?

健康に関しては説が様々で、比較検討・取捨選択して、最新情報を常にアプデしていかねばなりません。

私は健康マニアという側面があるので、そういうのが好きなんです。

LINE@は56人が登録中!

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《質問・感想も無料受付中》

あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)
読むだけで心も体も元気になる情報を不定期配信中。サロンの情報・限定情報・最新情報を受け取りたい方はぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
《LINE@登録はこちらから》
おもに体のこと、健康ネタについて配信しています。体が整えば好きなことがやれるし、心も安定するのだ!
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク