過去記事を検索

オイルマッサージで疼痛緩和・癒し効果が期待できるのは○○ホルモンのおかげ 【動画】

昔から「手当て」という言葉がありますが、どんなにマッサージ器やマッサージチェアが普及したところで、ヒトがヒトの体を直接触れてケアする療法はなくなりません。

スポンサーリンク




英国の神経学者インジー・クレスたちの実験

「ベルベットの生地を巻きつけた帽(ヒトの手のように滑らかなものとした)」で触れる群と、「ヒトの手」で触れる群とで脳活動の違いを研究したところ、ヒトの手で触れたほうが脳活動が高まったとのことで、心地よいと感じたり、癒されるのは脳の感情に関する「島皮質」の活動によるものです。

また、「タッピング」より「なでる」ほうが脳活動が大きくなることがわかり、直接手でなでられることで、「相手に大切にされている」といった感覚が起こり、これが自尊心を高めることに繋がるようです。

この実験から、単純に刺激があればマッサージ器でもなんでも良いわけではないことがわかります。

物理刺激が加わることで体はラクになるかもしれませんが、こころがラクになるのは「手当て」だからこそ、ということ。

2014年に日本セラピューティック・ケア協会がおこなった実験

触れることによりオキシトシンやコルチゾール濃度の変化を明らかにする実験をおこないました。

実験では、施術者が初対面の参加者に対して1対1で、肩と背中に30分の施術を行い、その前後で採決をしてオキシトシン(別名『愛情ホルモン』と呼ばれる人同士の絆の形成に重要な役割を果たすホルモン)の濃度を測定しました。

マッサージを受けた人は術後オキシトシン濃度が、高まっていますが、興味深いのは施術者の方がより高まっているということ。

道理で私はオイルマッサージが好きなんだな°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

ということが、腑に落ちました。

マッサージする私も癒されるんです。

脳の「ミラーニューロン」という、他人を見て我が事のように感じるのニューロンの働きお陰で、動画を見てるだけで癒されます୧꒰๑͒•͈ꇵ͒•͈๑͒꒱୨ᵎᵎ✧

登録も解除も2クリック
↓↓↓

友だち追加(検索 ☞ @skp9162n
《原口 ひろみ 公式LINE@》174名が登録中

無料質問受付中・・・LINE@では一対一の秘密のトークができるのでお気軽に登録してください。

メルマガ形式で情報を不定期配信中。

《LINE@登録特典》

★食品添加物の小冊子
★自分の体で相性の良いものをみつけるアナログのテスト法を解説した動画

健康情報、最新情報、限定音声を受け取りたい方はぜひ登録してください。

スポンサーリンク

最後まで読んでくれたヒトはFacebookなどSNSでぜひシェアしてください٩( ᐛ )و↓↓↓