高額なコーチングやカウンセリングを受けたのに人生変わらない奴~!

どうも、ハラグチです。

タイトルはかなり煽ってるので目を引きます。

コーチングの三ヶ月継続のグループセッションが終了!

受ける以前と比べて、自分の内面・思考・行動が変わりましたよ。

なので、コーチングを受けてよかったと思っているし、るんあゆから受けて良かった♡と思ってる。

るんあゆのコーチンググループセッションに初参加!お金も愛も受け取り上手になる!?
るんあゆこと関根あゆみさん開催コーチングのグループセッションに初参加してきました! 行動変容を促すコーチングは患者指導にも使え...

ここがスタートで、

自分が変わると世界が変わる【幸せになる方法】
2016年9月を皮切りに、私はセミナーに参加したりコーチング受けつづけています。 自分の内面とか思考を変えるため(*いわゆる「...

がグループセッション後の私♪

「世界が変わる」と言えるほどに内面変化がもたらされたコーチング・グループセッション。

なんでそれが良かったか?

について3つ考察してみましたよ。

①「ライブ」の情報量の多さ

この記事で3000文字超。

セッションのときの会話を文字起こししたら、とんでもない文字数になる。

それくらい「文字数」という点だけでも情報量が違う。

音声・動画でも情報量が増えるけど、デジタルでは伝わらない「雰囲気」という言語化できない領域がある。

つまり「同じ空気を吸う」のです。

②ちょっと引く位の金額を支払う

まったく同じ内容であったとして、無料なのか有料なのか、その条件ですでに申込者の本気度が異なります。

「お金がかかるからには、なんとかしたい」というプレッシャーって無意識にでもかかるよね。

そして、るんあゆのグルセのお値段は私のお給料1ヶ月分と同じくらいでした。

ワタクシごくふつ~の庶民なんで、

一瞬、うわっとくる金額だったのをあえての現金一括払いで払いました。

これでまず気合が入る

そして、お金はコーチやカウンセラーに払っているのではありません。

あなたは自分の人生のために、いったいいくら払えるでしょうか?

その金額がその人の本気度とある程度は比例するでしょう。

高額なコーチングやカウンセリングを受けたのに人生変わらない?

だけどね「無料でブログを読むだけで変わる人は変わる」し、「何百万円かけても、人に実際にあっても変わらない人は変わらない」んですよ。

両者の差は一体なんだろうか?

私自身の変化を考察した中で、一番大切な条件はコレだ!

③私(=申込者)の態度が良かった(・ω・´)キリッ!

  1. 何とかしてもらおうという態度じゃなくて、自己責任でやる人。
  2. 「変わりたい」じゃなくて、「変わる」と決めている人。
  3. 思い込みを書き換えたら、行動する人。

これがコーチング・カウンセリングに高額な費用を払って人生が変わった!ヒトと、

高額な費用を払ったのに変わらない…( ; ω; )

ヒトとの分かれ目じゃないか?

クライアント目線の意見

私は、グループコーチングセッションに申し込む数ヶ月前に精神的に苦しい状態にありました。

いわゆる人生のどん底期ですね。

このままではいけない!変わろう!!

と決断しました。

「この苦しい状態を何とかしたい」というのはひとつの原動力になりますね。

私は、グループセッションに申し込みをする前に、すでに独自にノートとペンでアウトプットをしていて、「知る」「腑に落とす」「実行する」は少しずつ自分でしていました。

しかし、一人でもくもくとアウトプットしていると、自力で出来ないことがあったり、変化がゆ~~~~っくりだったりします。

グループセッションに参加したことで、コーチの実体験、あり方や、生の声を聞けたとか、そういう良さは大いにあります。

そして、個人的な考えですが、

私は、コーチに変えてもらおうって思わなかったし、変わらなくてもいいやとすら思ったのが挙げられると思います。

そう。

もしかしたら、あなたは変わることがすべていいとは限らないかもしれません。

本当は今のまま、変わろうとしなくても良いのかもしれません。

そういう時だってあるよね。

でも、私はうっかり変わっちまった★

そりゃね。

変化したいと思うキッカケがあって申し込んだから、完全に適当だったわけじゃないですよ?

②でちょっと引くくらいの金額を払って、気合が入るよね!と書いたが、そこで

「さぞかしすごいサービスとか、あれこれ手厚くやってくれるんだろうなぁ( ᐛ )!」

というところに気合を入れてはいませんでした。

高額な料金を払ったにも関わらず「何かをやってもらう気がなかった」私はいったい何しにいったのか?

打ち上げ風景

女子会のノリでいきました

\(^o^)/

写真が、私が思い描いていた情景に近いのではないでしょうかね(笑)。

グループセッションは2週間に一度の間隔でおこなわれ、10月から12月まで遊び感覚のワクワクで、楽しみにしてました。

私はコーチのるんあゆに会いたくて行ったんです。

価値というのは、人それぞれなので、

「給料1か月分とか高額を払っておいて、女子会のノリでいる?アホなの?」

と思う方も、きっといるんじゃないかと思います。

が、本質がわかっておられる方であればあるほど、「よっしゃ、やるぞ!」と鼻息荒くしているより《脱力》した状態で受ける意味をお分かりでしょう。

変わろうしないから、変われる。

秘儀「問題を解決しようとしない」

問題を解決しようとすると、問題が拡大するのです。

あなたの今の目の前の問題は、どうやったら解決できるかというと、

「問題を解決しようとするのを辞める」のも1つの手です。

普通の生き方をしていたら、これはありえないですよね?

だって、学校でも制限時間内にテストの問題を解くように言われてきたから、

問題があったら「解決しなきゃ、やっつけなきゃ」でしょう。

「ほうっておけ、そんなことより遊ぼうぜ!」とは誰も習わなかった。

私も「克服する」「解決する」という文化にあまりにも慣れていたし治療院で働いていると、そういう方が来ることもあります。

助けてくださいって。

クライアントとしても、困ったことを解決してもらいたいからこそ、お金を払いますよね。

美容やダイエットといった他ジャンルでも、その傾向があります。

クライアントの抱える問題をどうやって解決するのか?

我々は「問題解決」「劣等感の克服」といった文化にどっぷりとはまってしまっているので、コーチやカウンセラーでも問題解決にフォーカスをしている人は居ると思います。

一方、問題を解決しようとしない、るんあゆのように「崖から飛び降りようとしている人の背中をキック(通称:崖キック)」するカウンセラーやコーチだっています。

内面を整えることが目標

私がグループセッションのときに掲げた目標は「ゆるゆるになる」でした。

そして、

絶対ゆるくならないといけない!

そうしないとヤバい!

死ぬ!

とか

(ヾノ・∀・`)ナイナイ

私がやったように「ゆるゆる」「女子会のノリ」「楽しみ」にフォーカスすると内面が落ち着いたり、楽しくなったりと整うんです。

変わろうとか苦しいのを何とかしようとか根底に思っていたはずですが、一番はワクワクして過ごしていました。

その結果、見事に「変化」しました。

ゆるくなるは脱力

  • 解決しない。
  • 克服しない。
  • 頑張らない。
  • 努力しない。
  • 武器を身につけない。
  • 磨かない。
  • すごいヒトになろうとしない。
  • 本来の自分に戻る。

っていうことです。

あるとき、あなたは、「もうムリだ! これ以上頑張れない!」とジタバタするのをやめようと思うかもしれません。

努力しようとしない。

すごいヒトになろうとしない。

自分ではない誰かになろうとしない。

本来の自分に戻る。

そうするとね、問題が起きなくなるんですよ。

不思議ですよね。

もちろん、ある日を境にパッタリと問題が全く起きなくなるわけじゃないです。

私はグループセッションの二ヶ月ほど前から「ジャッジするを減らした=問題視しなくなったいた」のです。

解決しようとしないなら何をするの?

問題にフォーカスしなくなるとその対極に位置する

  • ただ楽しむ
  • ただ喜ぶ
  • ただ味わう

こういうものが残ってくるとか、増えてきたりします。

「ひたすら整える」あるいは「集中する」ことをしていると人生の方が勝手に解決の方に向かっていきます。

なんかしらんけどうまくいくヒトたちは、自分の人生を通して、これを心がけているのです

具体的に、

  • ヨガ
  • 瞑想
  • ジョギング
  • 絵画
  • 陶芸
  • ダンス
  • バンド

などなど。

たぶん人生そのモノ、稼ぐとかいう目線だと役に立たないかもしれない、余暇とか趣味とかそういうの。

私だと、現時点で体幹トレーニングと、ウィンドサーフィン(SUPも)であるように、これはヒトそれぞれちがいます。

ま、役にたたなそうでいて、それがあとからウッカリ役に立つんですね(*  ´艸`)

まとめ

私のセッションを受けるときのあり方を端的にまとめると

  1. 目標にした「ゆるゆるになる」が、成長すべき!(不安から逃げ)ではなく、脱力する方向性だった
  2. 変わるために申し込んだけど、変わらなくてもいいや(執着なし)
  3. 女子会のノリで楽しみやで〜( *´ω`* )→「楽しみ」に3ヶ月近くフォーカスし続けた

とか、すごくマッチングしたんだと思う。

どういう目的でコーチングを受けたいか最終目標は人それぞれなので、どんな人でも

  1. 自分の人生の舵取りは自分でする(変化するための行動に伴走してもらう)
  2. 問題・外側をなんとかしようとジタバタせず、内面・楽しさ・整えるに集中する。

これが(高額な)コーチングやカウンセリングを受けるときの申込者の心構えとかあり方とかじゃないでしょうか。

ライブだったり、有料だったりすると「早く」変化するし、同じような課題をもった仲間たちとの「出会い」があるわけです。

まとめると、

もし、高額なコーチングやカウンセリングを受けても人生変わらないなって方がいたら、

あなたは過去とは異なる行動をしていますか?

あるいは、

「何とか解決しよう!」と問題視過ぎていませんか? 脱力してますか?

今は「長いトンネル」の中にいて、この苦しい状況がいつまで続くの関わらない・・・

と絶望していたとしても、いつか抜ける日が来る。

そういうタイミングは、自分の人生の課題と向き合う人にごほうびとしてやってくるでしょう。

▼無料メルマガを書いています

\50人以上が登録中/

東洋医学の『養生法』を実践しよう♪ 感情を整え、人生を健康に幸せに生きるコツを不定期配信しています。良かったら登録して下さい。

↓↓↓

無料メルマガを登録する

スポンサーリンク


最後まで貴重なエネルギーを使って読んでくれてありがとうございま。イイネ!シェア歓迎です♪