治療院もマーケティング意識が必要

「技術〝さえ〟良ければ患者が来る」なんて考え方の先生、会います。

治療家だけじゃないですね。

飲食店でも「美味しければお客さんが来る」とか。

わたしは、それだけじゃなくてマーケティングという意識が治療院にも必要だと思っています。

そう思う背景としては、

経営、コンサルティング、プレゼンテーション、いろんな表現があると思いますが、私は昔からそういうのに興味があります。

治療院に何年も勤めて、患者さんからの反応がいい先生、良くない先生を見ていると、「やっぱり…」と思うところがあるんですね。

スポンサーリンク

どんな業界にも共通する仕事に対する考え方とは?

たとえば、マーケティング。

マーケティングとは、ウィキペディア先生によると

企業や非営利組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」の全てを表す概念である。

マーケティングの定義は様々に変遷してきているが、商品またはサービスを購入するポテンシャルのある顧客候補に対して情報提供(情報収集)などマーケティング・コミュニケーション活動で相互学習状態を形成して購買に至らしめ、さらなるコミュニケーションのステップアップにて固定顧客化して顧客価値を高め、再購入や顧客連鎖を促進する、などの企業活動の拡大再生産(あるいは維持)を図るための一連の行為であり、心理学、数学、社会学、経済学、そして文学・芸術等様々な知識の上から成り立つ高度なスキルである。

技術さえ良ければ患者が来る。
確かにそういう面もあるんですけど「それだけではない」ですよね。

ところご、鍼灸師1年目の先生だけでなく、何年経っても意識に上らない先生もいます。

技術が良いのなんてアタリマエ!

同じ業界の人(雇われの立場)と話すと、マーケティングという考えがぼんやりしている人と会うケースが多いです。

「院長」として仕事している人は異なるケースが多いですけどね。

これはどこの業界でも共通でしょうかね。

雇う側と雇われる側との意識の違いは?

我々は鍼灸(しんきゅう)という医療サービスを提供しています。

その提供するサービスや商品にどんな価値をつけるのか?

マーケティングをちゃんと考えていたら、仕事がもっと面白くなるんじゃないかな、と思っています。

このことに気づく先生が一人でも増えてくれてら、もっと鍼灸の素晴らしさをたくさんのひとに伝えることができるはず!

そう思います。

「痛そう、熱そう、怖い」

みたいなネガティブなイメージが、鍼灸のスタートです。

「治療」という言葉も敷居が高いですね。

「チョット疲れたとか、その程度で受けてはいけない」

みたいな心的ブロックを持たれたり。

私も受けたことがないときは、確かにそう思っていましたσ(^_^;)

でも、いざ受けてみると痛みとか熱さとか、完全に自分のイメージでビビっていただけでした。

むしろその効果の高さだとか、凄さだとかに驚いたくらいです。

そして、その壁を飛び越えて来てくださった方は、

もっと早くに鍼灸を受けていれば良かったε-(´∀`* )

と言ってくださることが多いです。

もう、内心ガッツポーズ!ですね。

そういう声を聞くにつけて、

もっと大勢の人たちに

鍼灸を受けるとどんなベネフィットがあるのか?

ということに気づいてもらいたい。
私は鍼灸は素晴らしい!と思っています。
この素晴らしいモノを広めたい。
驚きをもっとたくさんの方に体感してもらいたい。
そう思っています。
なぜ鍼灸を選ぶべきなのか。
いかにみんなにわかりやすく伝えるのか。
その手段のひとつに、マーケティングという意識をもって仕事に当たるのは有効、と考えています。

こういうのを考えるのも、けっこう面白いです( ^ω^ )

では、ここまでお読みいただき、ありがとうござい

《登録者40人超★心も体も人生も良くなる無料メールマガジン》

お役に立つ情報を無料で不定期配信中。

イベント・サービスについてもメルマガ内でお知らせしております。

メールマガジンのご登録はコチラから

最後まで貴重なエネルギーを使って読んでくれてありがとうございま。イイネ!シェア歓迎です♪