過去記事を検索

慢性腰痛の原因は8割がよくわからない!

整形外科を腰痛で受診すると原因が特定されるものは2割とされます。

整形外科に行くと、、問診(稀に身体診察も)のあとにすることは基本的にレントゲン撮影で腰の骨を見ること。股関節を撮影する先生がいたら良い先生でしょう。

それ以外に座骨神経痛など足に痺れがあればMRI撮影で椎間板の状態も見たりします。

で、腰の撮影でわかるのは、

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離症
  • 腰椎分離すべり症
  • 変形性腰痛症
  • 椎体圧迫骨折

などなど。

※細菌感染による骨変形もありますが、稀でしょう。

で、これが2割。

スポンサーリンク




残りの8割はレントゲンやMRIに映らない

それはなんでしょうか?

親切な病院なら筋・筋膜性腰痛という診断名が一応つけられます。

その名の通り、筋肉や筋膜に由来する腰痛です。

治療院に来院する患者さんは肩こりや腰痛が多いです整形外科的検査では原因不明で慢性化しているある人が多いです。

それ以外にも

  • 内臓性腰痛(1番怖いのは腫瘍由来で鍼灸を受けて直後は良くても痛みが悪化していくケース。腹膜炎のような急性症状。リーキーガット症候群や子宮筋腫のような慢性症状も含まれる)
  • 心因性腰痛(ストレス性)
  • 脈管性腰痛(動脈硬化など)

がある。

鍼灸なら、内臓から元気にするようなアプローチが可能で、リラックス効果もあります。。

脈管性腰痛に関しては鍼灸で抜本的な解決にはならないだろうけど、一時的な症状緩和と血管の状態の維持かと思いますが。

腰椎に何らかの器質的変化が認められたとしても、みんな腰痛であるとは限らない

レントゲンやMRIを撮影するヒトは基本的に痛みがある人です。

痛みがあって、骨の変形という異常が見つかればそれが原因だとしする一方で、何も見つからなければ原因不明です

逆に、研究かなにで腰痛がない人でも撮影をしてみると、痛みがないのに腰椎に器質的変化が認めらえるケースもあるんですね。

そうすると、痛みがあって、腰に変形がある人の中に筋膜性腰痛とか心因性腰痛とかがオーバーラップしてている可能性があります。

このような人たちは、治療に加えて食事や運動の指導も必要で、そういうところがレントゲンやMRIで映し出せない原因でもあるのです。

根本的な原因を問診や検査で見つけて、本気かつ総合的にやる治療家の熱意や素質が重要ですね。

そんでもって本気で生活改善やらなにやら腰痛改善のためにするぜ!という熱意のある患者を集められるかにかかっているんじゃないしょうか。


私のやりたいことは、すごい施術のテクニックを身に付けたいとかもちろんあるのだけど、

患者さんにセルフケアとか食事で気をつけることとか運動の仕方、日常生活の気をつける点とか伝授して

治療メインなら3回以内にとどめて

(※筋・筋膜性腰痛なら週に一度のペース3回治療すると大抵劇的に改善します)

残りは食事、運動、コーチングみたいなところのボリュームを増やしていって、治療の合間にはメールサポートもしつつ10回の連続治療で卒業!

とか枠組みを作ってみたら面白いと思う。

患者自身、治療を施術台に横になって受け身になっているだけじゃなくて、腰痛を治すためマンツーマンセミナーに来るくらいの意識でいたら良いんじゃないでしょうかね。

治療家の仕事は治すことなんだけど、、自力で整体できるようになるのを教えるのも仕事。

魚を与えるのじゃなくて、魚の釣り方を教えるの。

そんな治療院が作られたら良いなぁと、たまに妄想が爆発するんだよね(・∀・)

登録も解除も2クリック
↓↓↓

友だち追加(検索 ☞ @skp9162n
《原口 ひろみ 公式LINE@》174名が登録中

無料質問受付中・・・LINE@では一対一の秘密のトークができるのでお気軽に登録してください。

メルマガ形式で情報を不定期配信中。

《LINE@登録特典》

★食品添加物の小冊子
★自分の体で相性の良いものをみつけるアナログのテスト法を解説した動画

健康情報、最新情報、限定音声を受け取りたい方はぜひ登録してください。

スポンサーリンク

最後まで読んでくれたヒトはFacebookなどSNSでぜひシェアしてください٩( ᐛ )و↓↓↓