過去記事を検索
スポンサーリンク

速攻で開脚できる簡単エクササイズはこれだ!

とある女性が骨盤周りに気になる症状を改善したいとのことだったので、気になる症状を改善する簡単なやり方を教えました。

その中の1つ、簡単に開脚できる方法を教えたので、それについて紹介しましょう。

うまくやれると1分くらいのエクササイズで速攻で開脚できる方法なのです(=´∀`)人(´∀`=)

レッツトライ★

内股さんは脚の内側の筋肉も硬い

つま先が内側を向いてしまうとのことで、あぐらをかけるかどうか尋ねたところ、膝が床から離れてしまうそうです。

脚を内側にひねる筋肉が硬すぎたり強すぎたりしてそうだと伺えます。

内側を向きすぎたつま先を外側に向けるのは簡単なエクササイズで解消するのです。

脚を開くには、開こうとしない

開こうとして開かなければ、逆をやれ!

じゃないですけど、開脚するためには内転筋という太ももの内側の筋肉が柔らかいことも大切です。

泣いて筋を効率よく柔らかくするエクササイズ
脚を閉じる動作で内転筋は活躍します。

太ももの内側にクッションなど柔らかいものを挟むとやりやすくなります。

トップの写真のように

5秒ほど内側に脚をギューッと持続的に閉めてから一気に脱力!

を3-5回繰り返しましょう。

筋肉を緊張→弛緩→緊張→弛緩…と繰り返して、弛緩させたところで開脚するとサクッと開きます。

緊張させた筋肉が筋内血管を締めて内転筋の血流がよくなって筋肉がほぐれる、という作用もあるでしょう。

アスリートのようにもともと内転筋が発達していたり、筋肉の緊張と弛緩のコントロールができるヒトなら1分でぱかっといきます。

※昔、開脚したいといプチお悩みがあったホビーアスリートに子の方法を教えたら「わー!」といい感じでリアクションしてくれました( ᐛ )

この女性がもともと気になるところ

この方が気になっていた点は

  • 骨盤周りの歪み、冷え
  • 太ももにお肉がつきやすい
  • 内股(つま先が内側に向いている)
  • 疲れている時は特に自分の足に引っかかる
  • 運動をしても変なところに筋肉がつく(目的の部位が鍛えられていない)

こんな気になるところに今回は対応してみました。

これら気になるところを解消する一連のアドバイスの中に、簡単に開脚できる方法が出てきましたのです。

動画

関連記事

内股を歩きながら改善する!その意識するポイント【動画】
はらぐちです。 前回のエクササイズの記事(即効で開脚できるエクササイズはこれだ!) の続きです。 内股が気になるとある女性...

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《質問・感想も無料受付中》

あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)
読むだけで心も体も元気になる情報を不定期配信中。サロンの情報・限定情報・最新情報を受け取りたい方はぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
《LINE@登録はこちらから》
おもに体のこと、健康ネタについて配信しています。体が整えば好きなことがやれるし、心も安定するのだ!
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク