過去記事を検索
スポンサーリンク

怒りの感情の下にある本当の感情に気付いてあげる

ここ三ヶ月くらいはこころが穏やかな日々が続いていたけど

久しぶりに、

ムカムカトとか、ぐるぐるとか、そういうわだかまりみたいな状態でになって

気持ちが晴れ晴れとしなかった。

この記事は女性人には反響がありましたね。

最初はなんでこんなにモヤモヤしているのかよくわからなかったけれど…

怒りは二次感情

どんな言葉であれ、事態であれ、それをどう受け止めるか、どう解釈するかは「すべて自分の中にある」のだ。

そして、

怒りは本当の感情ではなくて、その下に本当の感情(一次感情)が隠れている。

「怒りの下にどんな感情があるだろうか?」

と感じてみたら

「さびしい」

という気持ちがコロンと出てきた。

コーチングセッションを受けて知っていおいてよかった(笑)

「さびしい」

と気づいたら続いたら「悲しい」が出てきて涙が溢れてきたので

「そうだよね~さびしいよね~さびしくって当たり前ジャン!」

という一人芝居をおっ始めた(ちょっと危ない?)。

トラウマ的なモノが刺激されて涙が出てきたときは

第三者の立場になって自分の悲しみの感情とかを全肯定すると、

5分くらいでさっさと気持ちが落ち着く

というのが最近の経験(・∀・)!

立ち直りがすごく早い!

心がツライときに効くツボ!?

自分の本当の感情を善肯定する手段の一つとして、感情を

「寂しいよね、寂しいよね」

と言うようにそのままつぶやく、という単純な取り組みも独自にしている。

そうすると良い気がするが、今回はのどが締め付けられるような苦しさが出て

言葉を発するのもつらかった。

が、そこは指圧のプロですから!

「のどが使えてしゃべりづらい」を解消するツボ

瘂門(あもん)という、後頭部下の紙の生え際中央にあるツボ

を押したら一気にのどの緊張が緩んで、気持もらく~になりました。

体が緩んだら心も緩む。

ツボの効果を実感(笑)

感情に蓋をしない

私はもともと、

ツライ、悲しい、寂しい、といった感情に蓋をして、誰にも語らず一人で抱えていた。

こうやってパブリックな場面で吐露するとかできんわ~!

というタチだったのだけど、そういうことすると何年も引きずるんだよね。

ツライ!

悲しい!

寂しい!

腹立つ!

嫌い!

というのを素直に表現して、泣いて、自分の感情を出して、受け止めてあげる。

そしたら5分で終わる(笑)

ネガティブなことを書いたらいけない、ポジティブなことだけ書いておこう。

くだらないことを書いてはいけない、役に立つ情報だけ書こう。

そんな薄っぺらいものは捨ててます(^0^)あははは

寝る前に、またじわりと涙が出てきたけれど
そのときの感情を感じてみたら
「ありがとう」

だった。

「わたしの本当の気持ちに気付いてくれて、外に出してくれて、ありがとう」

そんな気がした。

そんな気がするだけで 十分だよね( ᐛ )!

涙は悲しいときだけ流れるものではないんだな‼︎

と、ここ最近になって体感している。

これで今日は安心して寝られます!

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《質問・感想も無料受付中》

あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)
読むだけで心も体も元気になる情報を不定期配信中。サロンの情報・限定情報・最新情報を受け取りたい方はぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
《LINE@登録はこちらから》
おもに体のこと、健康ネタについて配信しています。体が整えば好きなことがやれるし、心も安定するのだ!
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク