過去記事を検索
スポンサーリンク

排卵誘発剤hcg注射とは

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピンは) とは、妊娠時に胎盤から分泌されるホルモンの一種です。

hcgの働き

・血管を新生する
・血管透過性を亢進する
・子宮・卵管の蠕動を抑制する
・黄体機能を持続・強化させる
・強力な排卵誘発作用

もっと自然に!不妊治療 [ 加藤修 ]より

卵子を成熟させる効果もある(実際に卵子を成熟させるのはLHサージという体内で分泌されるホルモンなのですが、これと似た働きをする)ため、体外受精の採卵前に使います。

現在の一般的な不妊治療では頻出です。

このhCGは、妊娠中に分泌が高まるホルモンであるため、

体に残留する期間が長いため、体が「妊娠した」と勘違いしてしまう恐れがあります。そうすると受精卵が着床しづらくなるのではないかと考え、KLCメソッドではhCGを使用しません。

hCGの使用により卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を引き起こす可能性が高まる

hcg注射は刺激が強く卵が10個前後育ったりする反面、リスクもあります。

OHSSとは、排卵後に卵巣が腫れて腹水がたまるなどの重大な副作用のことをいいます。

OHSSになるとしばらく不妊治療をお休みすることとなり、早く妊娠したいと考えている人にとっても、ストレスとなってしまいますね。

強い薬を使えばいいというわけでもありませんが、どのような薬を使っていくのか、難しいものです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《質問・感想も無料受付中》

あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)
読むだけで心も体も元気になる情報を不定期配信中。サロンの情報・限定情報・最新情報を受け取りたい方はぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
《LINE@登録はこちらから》
おもに体のこと、健康ネタについて配信しています。体が整えば好きなことがやれるし、心も安定するのだ!
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク